F1 フェラーリ
元フェラーリ会長のルカ・ディ・モンテゼーモロは、フェラーリの2019年F1マシン『SF90』に採用された艶消しレッドのマット塗装がお気に召さないようだ。

今年もフェラーリの2019年F1マシン『SF90』のカラーリングには赤を採用されているが、マシンが放つ輝きはいつもとは異なっている。軽量化を重視してマット塗装が採用されたためだ。

「私の考えでは、フェラーリレッドは神聖なものだ。世界中で認知されているブランドであり、私はあまり気にいっていない」とルカ・ディ・モンテゼーモロはコメント。

「チームのカラーを変えるようなものだ。そうすることによって重量を軽減できるというストーリーは確信できない。だが、その全てが待望の成功に繋がるのであれば、カラーの悲しみは脇に置いても構わない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ