F1 フェラーリ
スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネン、チームメンバーは、急逝した前会長のセルジオ・マルキオンネを追悼するために今週末のF1ハンガリーGPに喪章をつけて臨む。

フェラーリの会長兼CEO、フィアット・クライスラー・オートモービルズのCEOを務めたセルジオ・マルキオンネ(66歳)は、23日(水)に入院していたチューリッヒの病院でこの世を去った。

今週末のF1ハンガリーGPでは、全チームが偉大なリーダーであるセルジオ・マルキネに哀悼の意を表する。

F1ハンガリーGPの木曜記者会見に出席予定だったキミ・ライコネン、金曜記者会見に参加予定だったチーム代表のマウリツィオ・アリバベーネは“例外な的状況を考慮”して不参加となり、セバスチャン・ベッテルも木曜日のメディア対応を免除された。

今週末、フェラーリのモーターホームには半旗が掲げられる。

フェラーリ キミ・ライコネン関連:2018年 F1ハンガリーGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | F1ハンガリーGP