F1 フェラーリ スペイングランプリ 2018年のF1世界選手権
FIAは、フェラーリがF1スペインGPで導入した“ヘイローミラー”を違法だと判断。今週末の使用は許可されるものの、次戦モナコGPでは禁止になると Sky Sports が報じている。

FIAは中国GP後にヘイローにバックミラーを装着できるようレギュレーションを調整。フェラーリは、今週末のF1スペインGPに“ヘイローミラー”を持ち込んだ。

だが、ヘイローミラーには追加のウイングレットも装着されている。フェラーリは、ヘイローにL字型のウイングレッドを装着し、その上部からミラーを吊り下げているような体裁をとっており、ライバルチームはサイドポッドの気流に空力的な影響を与えていると考えた。

フェラーリのライバルからの抗議を受け、FIAのレースディレクターを務めるチャーリー・ホワイティングと技術責任者のジョー・バウアーは、バルセロナの週末を通してフェラーリのヘイローミラーを調査。今後はそのデザインを禁止することにしたという。

Sky Sports によると、スペインGPの週末は元のバージョンに戻すのが困難なため、ミラーの位置は維持されるが、次戦モナコGP以降は開幕4戦で使用していた古いバージョンを使用することになるとしている。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「別のレースでそれらを見ることはないと思う。それが私の理解だ」と Sky F1 に語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ