フェラーリ KERS開発に遅れ
フェラーリは、2009年に向けて今もなおKERSの開発が予定より遅れており、コストは予想を上回っていることを認めた。フェラーリは現在、KERS搭載車とKERSのないマシンの両方を評価している。

KERS(運動エネルギー回生システム)は、ブレーキング時の消費エネルギーを蓄積し、ドライバーが“ブーストボタン”を押すことで追加のパワーに転換させるシステム。2009年は強制ではなく、オプションとして導入される。

「それは素晴らしいチャレンジだ」とフェラーリのテクニカル・ディレクターを務めるアルド・コスタ、エンジン・エレクトロニクス・ディレクターのジル・シモンは語る。

「エンジンとエレクトロニクスに関してはコストは下がっているが、KERSによって我々が計画していた以上のコストがかかっている」

「我々はエネルギー回生システムに懸命に取り組んでいる。スケジュールより少し遅れているが、我々のゴールは、オーストラリアの開幕戦でKERSを働かせるように準備することだ。一方で、我々はKERSなしのクルマも評価している」

フェラーリは、ポルトガルのアルガルベ・サーキットでテストを実施しており、17日(水)に2008年のプログラムを完了させる。

関連:KERS

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ