フェラーリ
フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長は、フェラーリの2014年のF1ドライバーラインアップは数日以内に決定されると述べた。また、キミ・ライコネンの復帰についても除外はしていない。

フェラーリは、数週間にわたって2014年にむけてフェリペ・マッサを交代するべきかを評価しているが、ルカ・ディ・モンテゼーモロは決定時間が差し迫っていることをモンツァで明らかにした。

「モンツァ後すぐに2014年のドライバーを考えるつもりだ。この週末に変なプレッシャーなく到着して欲しかったからね」とルカ・ディ・モンテゼーモロはコメント。

「数日以内に決定するだろう。我々はまだいかなる決定もしていない。誰とも契約にサインしていない。我々はマッサと話し、そのあと我々で意見を交わし、決定することになるだろう」

フェラーリは、F1イタリアGPで良いパフォーマンスをすれば、フェリペ・マッサがシートを維持することは十分にありえると主張しているが、チームは他のオプションを真剣に評価してきた。

現在の憶測の大部分はキミ・ライコネンを中心に回っているが、ルカ・ディ・モンテゼーモロはショートリストはキミ・ライコネンだけでなくもっと長いと述べた。

「他の誰かを連れてくることもできる...我々にはいくつかの名前がある」

2009年末にフェルナンド・アロンソのためにシートを開けるためにキミ・ライコネンはフェラーリを離脱したが、ルカ・ディ・モンテゼーモロはキミ・ライコネンの復帰は不可能ではないと明らかにした。

以前のことがあるが、キミ・ライコネンが再び快適に働けるのかと質問されたルカ・ディ・モンテゼーモロは「何があった? 我々は世界選手権に勝った」とコメント。

「キミは優れたドライバーだ。我々にとって彼がミハエル(シューマッハ)とロス(ブラウン)なしで初めてチャンピオンシップに勝ったことは大満足だった」

「いずれにせよ、問題はないが、他のドライバーの可能性もある。だが、去年のようにフェリペと続けることに決める可能性もある」

「まだまったく決定はしていない。どんな決定もプラス面とマイナス面があるので、非常に慎重でなければならない」

「今、決断の時だ。以前は時期尚早だったが、今はそれをするときだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ