アルド・コスタ
フェラーリは、元テクニカルディレクターのアルド・コスタが、同社を退職したことを発表した。

期待外れな2011年シーズンのスタートを切ったフェラーリは、F1モナコGP直前にテクニカルディレクターのアルド・コスタを更迭した。

その後、チームは「社内の新しい責任を引き受ける」と述べており、アルド・コスタはF1での報酬を維持したままフェラーリの市販車部門に異動となっていた。

だが、フェラーリは20日(水)、双方の合意のもとで契約が解消され、アルド・コスタが同社を去ることを発表した。

アルド・コスタは、年内いっぱい“ガーデニング休暇”をとることになる。

関連:
アルド・コスタ、フェラーリの市販車部門に異動 - 2011年6月2日
フェラーリ、アルド・コスタのテクニカルディレクター辞任を発表 - 2011年5月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ