アルド・コスタ フェラーリ
フェラーリは、アルド・コスタがテクニカルディレクターの職を離れ、社内の別のポストに就くことを発表した。

フェラーリは、さらに技術部門を再編成し、新たに3部構成にすることを発表。パット・フライがシャシー部門の責任者に、コラード・ランツォーネが製造部門の責任者となる。ルカ・マルモリーニはエンジンとエレクトロニクス部門の責任者に留まり、この3人がチーム代表ステファノ・ドメニカリの直属となる。

フェラーリは、今シーズンまだ一度しか表彰台に乗っておらず、コンストラクターズ選手権で首位のレッドブルと110ポイント差の3位という成績に終わっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ