フォーミュラ2 ショーン・ゲラエル プレマ
ショーン・ゲラエルは、2018年のフォーミュラ2選手権にプレマから参戦することが決定した。

インドネシア出身のショーン・ゲラエル(21歳)は、2012年にシングルシーターのキャリアを開始。2013年にF3に参戦した後、2015年にフォーミュラ・ルノー3.5を経て、GP2(現F2)に参戦。並行してアジアン・ル・マンで2勝を挙げている。

また、今年はトロ・ロッソからF1テストに参加するとともに、シンガポール、マレーシア、アメリカ、カナダのフリー走行1回目に出走。ショーン・ゲラエルの父リカルド・ゲラエルは、ケンタッキーフライドチキンのインドネシア法人であるKFCジャゴニャ・アヤムの代表を務めている大富豪として知られている。

F2での3年目のフルシーズンとなる2018年、ショーン・ゲラエルはプレマから参戦することが決定。最終戦アブダビ後に行われるポストシーズンテストからプレマに加入する。

ショーン・ゲラエル
「このような豊かな歴史があり、成功を収めているチームで走ることは、全てのドライバーにとって素晴らしいチャンスだ。チームと一緒に重要なものを築いていけることを願っている。勢いをつけるためにアブダビのポストシーズンテストで力強いスタートを切りたい。来年はすべてが新しくなる。新しいクルマになるし、挑戦だ。F2での3年目の次のステップに興奮しているし、良い結果を達成できることを期待している」

レネ・ロジン (プレマ チーム代表)
「ショーンを我々のチームに迎えることを誇りに思っている。彼は多面的な経験を持っており、まったく新しいクルマに適応する必要のある2018年のフォーミュラ2シーズンの重要なリソースになるだろう。シリーズの最初の1年で我々は経験豊富なドライバーとルーキーの組み合わせを起用することに決定したが、今シーズンはオールルーキーでのプログラムだった。いずれのケースでも結果は我々が正しいことを証明した。だが、来年は新しいファクターがあり、2018年のダラーラの開発をスピードアップするために経験に頼ることになる。彼は過去にこのよな多様な環境でレースをして適応しており、ショーンはチームがより多くの成功を収めるために貢献してくれると思っており、彼の期待に応えられると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2