松下信治 フォーミュラ2
松下信治が、F2 第13戦 イタリアの予選でポールポジションを獲得。F2選手権では日本人初のポールポジションとなる。

ホンダの育成ドライバーである松下信治は、ARTグランプリからF2に参戦。1日(金)にモンツァ・サーキットで行われた予選で初となるポールポジションを獲得。先週のスパ・フランコルシャンで『人生で最大のクラッシュ』を喫していた松下信治だが、モンツァでは『人生で最高のラップ』をまとめた。

「僕にとって本当に特別な日です。先週、オー・ルージュで本当に大きなクラッシュをしていましたし、僕にとって本当に困難で、本当に厳しい週末でした。実際、今朝は本当に良いペースがありましたし、予選にむけてチームとセットアップについてたくさん話し合いました。予選の最初のラップは本当に良かったです。ミスもなく、本当に落ち着いていたし、プッシュしていませんでした。人生で最高のラップだったと思います」と松下信治はコメント。

「人生で最大のクラッシュでもあったし、クルマはほぼ完全に壊れていましたが、幸いにもモノコックは問題なかったので、変更しませんでした。ですが、それ以外の全ては新しいですし、ARTに心から感謝しています。彼らは寝てないと思います!」

「モンツァは、DRSとロングストレートによってオーバーテイクがしやすいですが、僕は最高のポジションからスタートしますし、一番の目標は明日大量のポイントを獲得することです。スタートでミスをせず、気楽に構えて、あまり楽ではないですが(笑)、クラッシュしないこと。それが最も重要なことです。明日もペースはとても速いと思いますし、デグラデーションが重要になってきます。良い一日になると思います」

松下信治がポールポジションからスタートするF2 第9戦イタリアのレース1は、2日(土)の23時(現地時間16時)から行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F2