レッドブルF1育成の岩佐歩夢、3位フィニッシュもレース後の車検で失格 / FIA-F2 第13戦 フィーチャーレース
レッドブルF1育成の岩佐歩夢は、FIA F2選手権 第13戦 イタリアのフィーチャーレースを3位でフィニッシュしたが、レース後の車検で無念の失格となった。

FIA F2選手権第13戦イタリアは11日(日)、フィーチャーレースを迎えた。予選7番手の岩佐歩夢は、4列目7番手からのスタート。前のF3終了が遅れ、F2は予定より14分遅れの午前10時19分にフォーメーションラップがスタートしました。気温22℃、路面温度28℃のドライコンディション。

ポールポジションのマシンが大きく出遅れ混乱のスタートとなったが、好スタートを切った岩佐歩夢は5番手にポジションを上げて第1コーナーを通過。後続に多重クラッシュが発生し、1周目からセーフティカーが導入された。

6周目にレースが再開されると、ペースの上がらない岩佐歩夢は第1コーナーで後続にパスされ6番手。その後抜き返しに攻めた第4コーナーのシケインでショートカットを余儀なくされ、ポジションを戻す間の隙をつかれて7番手にダウンする。

7周目、後続のアクシデントにより再びセーフィティカーが導入された。岩佐歩夢はすぐに反応してピットインしタイヤ交換を行い、ポジションを上げることに成功する。3周に渡るセーフティカー先導走行の後、バリアの修復のためにレースは赤旗中断となった。

10周目にセーフティカー先導でレースが再開され、11周目にローリングスタートによりリスタートが切られる。4番手の岩佐歩夢は、先行2車がピットインを行なっていないため、実質2番手。しかしペースが上がらない岩佐歩夢はすぐに第1コーナーで後続にパスされ5番手にポジションを落とす。

スプリントレース同様、マシンに苦しむ岩佐歩夢は先行車との差が広がり、後続は背後に迫る厳しい展開となり、レースは後半戦になった。徐々にペースを取り戻す岩佐歩夢は、後続の激しいプッシュから必死にポジションを守る。

20周目、26周目に先行車がピットインし、岩佐歩夢は3番手に上がりチェッカーフラッグを目指した。29周目に自己ベストのラップを出してポジションをキープした岩佐歩夢は、3番手で30周のレースを走り切り、前戦オランダに続きフーチャーレースでの表彰台に上がった。

しかし、レース後の車検でマシンのフロアに違反を指摘され、岩佐歩夢は失格処分となった。

岩佐歩夢はイタリア戦では0ポイントに終わり、ランキング9位で最終戦を迎えることになった。最終戦は11月18~20日、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行われる。

「マシンにペースがなく、ディフェンスに終始し非常に苦しいレースしたが、戦略的にうまくいって3番手でフィニッシュできたことはポジティブな結果だと思っています」と岩佐歩夢はコメント。

「残念ながら、レース後の車検でフロアのプランクの厚さが足りず、失格となってしまいました。昨日も車高が2mm下がっていて、フィーチャーレースでも同じような状態だったようで、それらが失格になった原因だと思われます」

「たぶん予選でのクラッシュで、モノコックに支障が出てそのようになったと思われますが、詳しい原因はこれからチェックします」

「結果はとても残念なものでしたが、レースに向けてはポジティブな面も多いので、最終戦に向けてチームとしっかり準備して臨みたいと思います」

岩佐歩夢 ホンダF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2