F1マシンの2019年06月のF1情報を一覧表示します。

F1フランスGP終了時点:各F1ドライバーのパワーユニット使用状況

2019年6月27日
F1
2019年のF1世界選手権 第8戦 フランスGPでは、ホンダF1が“スペック3”エンジンを投入。レッドブルとトロロッソの3台がアップデート版のエンジンを走らせた。

ホンダのアップグレードを投入レッドブルの2台とルノーの“スペックB”を搭載したダニエル・リカルドは、内燃エンジン、ターボチャージャー、MGU-Hを交換してグランプリ初日に挑んだ。

2021年F1マシン、未来的なルックスは消え失せ“大型のインディカー”に?

2019年6月20日
F1
F1チームは、提案された2021年F1マシンのルックスを心配しているようだ。

F1ファンは、まだ確定していない2021年の新レギュレーションに基づいたF1マシンのレンダリング画像で示された“未来的”なルックスに概ね満足していた。だが、情報によると、リバティ・メディアとFIAは、F1チームに対して箝口令を敷いたとされ、10月への最終期限の延期を説明できる広範囲な懸念が残されているという。

メルセデス 「次世代F1エンジンはハイブリッドが50%に増加するだろう」

2019年6月17日
F1 メルセデス
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、次世代のF1エンジンはハイブリッドの比率が現在の20%から50%に増加すると予想している。

メルセデスは2014年にV6ターボハイブリットが導入されて以降、F1を支配。F1は2021年のレギュレーション変更でエンジンの大幅な見直しを検討していたが、議論がまとまらずに2024年までほぼ同じ仕様が継続されることになった。

ケビン・マグヌッセン 「F1マシンを1970~80年代に戻すことはできない」

2019年6月13日
F1 ケビン・マグヌッセン
ケビン・マグヌッセンは、F1マシンが1970~80年代のレベルに戻すなどできないと語る。

ケビン・マグヌッセンは、現在のF1マシンは限界を見つけることはすでに困難であると考えており、F1はもっと遅い車に戻るべきではないと主張してきた。

F1カナダGP終了時点:各F1ドライバーのパワーユニット使用状況

2019年6月13日
F1
2019年のF1世界選手権 第7戦 カナダGPでは、メルセデスが“フェーズ2”エンジンを投入。各チームがアップデート版のエンジンを走らせた。

メルセデスとカスタマーチームのレーシングポイントとウィリアムズは、2基目の内燃機関、ターボチャージャー、MGU-Hを投入。フェラーリの2台もターボチャージャーとMGU-Hを2基目に交換した。

ホンダ 「将来のF1パワーユニットは環境に優しく高効率であるべき」

2019年6月11日
F1 ホンダF1
ホンダのF1テクニカルディレクターを務める田辺豊治は、将来F1に導入されるべきF1パワーユニット(PU)についての見解を語った。

2014年に導入された現在のV6ターボハイブリットは、元々2009年に考案された。F1は2021年のレギュレーション変更でエンジンの大幅な見直しを検討していたが、議論がまとまらずに2024年までほぼ同じ仕様が継続されることになった。

F1 | 2021年からカーボンニュートラルな燃料を導入?

2019年6月4日
F1
F1は、2021年からカーボンニュートラルな燃料を導入することを検討していると報じられている。

モータースポーツ界では“環境に優しい”イメージはフォーミュラEが完全に支配しており、F1は2021年の新レギュレーションでカーボンニュートラルな燃料に切り替えて、電力よりも環境に優しいことをアピールする準備を進めていると Auto Motor und Sport は報じている。

F1モナコGP終了時点:各F1ドライバーのパワーユニット使用状況

2019年6月1日
F1
2019年のF1世界選手権も6戦を終えたが、開幕から6勝を飾っているメルセデスのドライバーはパワーユニットのすべてのコンポーネントを1基で戦い抜いている。

F1モナコGPではフェラーリのエンジンを搭載するハースとアルファロメオが本家から1戦遅れで“スペック2”エンジンを投入。内燃機関、ターボチャージャー、MGU-Hを2基目に交換した。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム