F1
2019年のF1世界選手権 第7戦 カナダGPでは、メルセデスが“フェーズ2”エンジンを投入。各チームがアップデート版のエンジンを走らせた。

メルセデスとカスタマーチームのレーシングポイントとウィリアムズは、2基目の内燃機関、ターボチャージャー、MGU-Hを投入。フェラーリの2台もターボチャージャーとMGU-Hを2基目に交換した。

ホンダF1エンジン勢は、レッドブルの2名とトロロッソのダニール・クビアトが2基目のエナジーストアとコントロールエレクトロニクスを投入。また、ルノーの2台とマクラーレンのランド・ノリスがコントロールエレクトロニクスを新品に交換した。

フリー走行3回目にエンジンがブローしたレーシングポイントのランス・ストロールは、予選と決勝に向けて旧型のパワーユニットに戻しつつ、2基目のMGU-Kを使用した。

ドライバーは、1シーズンにつき、内燃エンジン、MGU-H、ターボチャジャーを3基まで、MGU-K、コントロールエレクトロニクス、エネルギーストアを2基までペナルティなしで交換できる。

次戦F1フランスGPでは、ホンダが“スペック3”エンジンを投入すると噂されている。

チームドライバーICETCMGU-HMGU-KESCE
メルセデスルイス・ハミルトン222111
バルテリ・ボッタス222111
フェラーリセバスチャン・ベッテル222112
シャルル・ルクレール222112
レッドブルマックス・フェルスタッペン222222
ピエール・ガスリー222222
ルノーダニエル・リカルド222222
ニコ・ヒュルケンベルグ444323
ハースロマン・グロージャン222112
ケビン・マグヌッセン222112
マクラーレンカルロス・サインツ333222
ランド・ノリス222212
レーシングポイントセルジオ・ペレス222111
ランス・ストロール221111
アルファロメオキミ・ライコネン222112
アントニオ・ジョビナッツィ222113
トロ・ロッソダニール・クビアト322222
アレクサンダー・アルボン322222
ウィリアムズジョージ・ラッセル222122
ロバート・クビサ222111
ICE … 内燃機関(エンジン)
TC … ターボチャージャー
MGU-H … 運動エネルギー回生システム
MGU-K … 熱エネルギー回生システム
ES … エネルギー貯蔵装置(バッテリー)
CE … コントロールエレクトロニクス


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン | F1カナダGP