F1 ケビン・マグヌッセン
ケビン・マグヌッセンは、F1マシンが1970~80年代のレベルに戻すなどできないと語る。

ケビン・マグヌッセンは、現在のF1マシンは限界を見つけることはすでに困難であると考えており、F1はもっと遅い車に戻るべきではないと主張してきた。

ケビン・マグヌッセンはF1ドライバーがコックピットでもっと挑戦できるべきだと考えている。それはルイス。ハミルトンがF1カナダGPの木曜日の記者会見で述べていたものと同意見だ。

「過去のドライバーもおそらく同じことをしていたかもしれないと思うけど、このような速いクルマは最大限を引き出すために何か特別なことが必要だと思う」とケビン・マグヌッセンはコメント。

「限界はあまりにも遠いので、そこに到達するのは非常に困難だ。ロボットの方がクルマでよ速いことは間違いない。ロボットがこのようなクルマを運転するまでにそれほど長くはかからないと思うし、それは興味深いことだ」

「このスポーツが大好きだ。クルマは速いからね。70年代はすでに限界に達していたので、当時に戻ることはできない。80年代にも同じことが言える。それでもクルマは限界に達していた」

「70~80年代の車は、当時は限界だったとしても今では遅すぎるだろう。現在の技術を減速させることはできない。このクルマを1970年代に戻すことはできない。でも、多くのノイズと馬力を持つクルマに当時のような哲学にするべきだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケビン・マグヌッセン | F1マシン | ハース