エステバン・オコン 「ルノーPUの進歩で臆することなく戦えている」 / アルピーヌF1チーム
アルピーヌF1チームのエステバン・オコンは、最新のルノーのF1エンジンのアップグレードによって、F1サウジアラビアGPでバトルで“誰にも臆する”必要はなくなったと語る。

レースの早い段階でエステバン・オコンはチームメイトのフェルナンド・アロンソと戦い、アロンソが駆動系のトラブルでリタイアした後、最終的に6位でレースをフィニッシュした。

レースのいくつかの段階で、エステバン・オコンは、他チームのマシン、特にレース終盤はランド・ノリス(マクラーレン)とバトルを展開。6位フィニッシュによってアルピーヌF1チームをコンストラクターズランキングで4位に押し上げた。

アルピーヌF1チームは、2021年に直線速後のパフォーマンスで明らかに劣っていたが、ルノーがパワーユニットで進歩を果たしたことでライバルと戦えるにようになったとエステバン・オコンは語る。

ジェッダでのルノーPUのパフォーマンスについて質問されたエステバン・オコンは「グッド。僕たちは誰にも臆する必要はなかった」とコメント。

「DRSをオープンするとすぐにパスできたし、アストンマーティンのニコ(ヒュルケンベルグ)、マクラーレンのランドを簡単に追い抜くことができた」

「他に誰? もちろんフェルナンドがそこにいた。多くの異なる車と比較することができたし、僕たちにとってうまく機能していた」

エステバン・オコンは、F1サウジアラビアGPの予選でジョージ・ラッセル(メルセデス)を破って5番グリッドを獲得したが、メルセデスはまだレースペースで3番目に速いチームになるために戦いをリードしていることを認めた。

「ラッセルは僕たちよりも速かった」とエステバン・オコンは語った。

「彼は僕たちが思っていたほど引き離してはいなかったけど、僕たちと比べるとまだ引き離していた」

「彼らは明らかにまだ少しレースペースのアドバンテージを持っている。そして、これは僕たちが取り組んでいるものだ」

「チームにとって非常に力強い週末だったと思う。残念ながら、フェルナンドがレースを完走しなかったのは残念だ。チームは再びダブル入賞できていたはずだからね。でも、僕たちは進歩している」

「僕たちはバーレーンよりも速かったし、それはとても良いことだとてもポジティブだ。今年はまだ2レースを終えただけだけど、ポテンシャルはまだある。シーズンの初めに多くのポイントを獲得できてとてもうれしい」

フェルナンド・アロンソも、ジェッダでのレース後の新しいエンジンを称賛した。

「僕たちは今、他チームとほぼ同じレベルにると思う。ここやバーレーンで、他の人々とストレートで戦うことができた。どうなるか見てみよう」とフェルナンド・アロンソは語った。

アルピーヌF1チームのプリンシパルであるオトマー・サフナウアーは、チームは2022年シーズンの焦点となる新車の空力開発レースに遅れずについていく必要があると強調した。

「非常にタイトなミッドフィールドだ」とオトマー・サフナウアーは語った。

「エステバンはベスト・オブ・ザ・ベストで終えた。フェルナンドは問題を抱えていなかったら彼の前にいただろう。その点で、我々は満足している」

「しかし、この車の学習曲線は非常に急なので、開発レースになるだろう。したがって、車にパフォーマンスを追加し続ける必要がある。それが今いる場所だ」

「しかし、少なくとも他の人と同じ割合でパフォーマンスを追加しない限り、明日は同じになることはない。そして、我々がやろうとしているのは、他チームよりも速い速度でパフォーマンスを追加することだ」

オトマー・サフナウアーは、メルセデスに近いことがアルピーヌF1チームにさらなるモチベーションをもたらしていると認める。

「レースペースでは、ここでのレースを見れば、彼らは明らかに我々の前にいる」とオトマー・サフナウアーは語った。

「わからないが、予選で問題があったのかもしれない。我々は彼らと競争できるよう懸命に努力するつもりだ。だが、今日ここの段階では、彼らはおそらくより良いレースカーを持っているようだ」

「それはプッシュし続けるためのニンジンだ。さまざまなレースがあるので、我々がどこにいるのかを実際に評価するには、いくつかのレースが必要だ。そして、私が言ったように、それは今年の開発レースになるだろう」

ルノーのF1パワーユニットに関して、オトマー・サフナウアーは「私が見たところ、ヴィリーの人たちは素晴らしい仕事をしているし、パワートレインを改善している。彼らは冬の間素晴らしい仕事をした。そして、我々は改善を続けるための良い基盤を持っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / ルノー / アルピーヌ