アルピーヌF1のエステバン・オコン 「契約延長と最近のパフォーマンスは無関係」
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、契約延長がレースパフォーマンスに影響を与えているとの提案を除外した。

エステバン・オコンは、ホームレースであるF1フランスGPの直前の6月16日にアルピーヌF1との新しい3年契約を発表した。それまでオコンは最初の5レースのうち4レースでポイントを獲得する活躍をみせていた。ポイントを逃した1戦はパワーユニット関連のリタイアだった。

しかし、アルピーヌF1と契約を延長して以来、予選でトップ10入ることができていない。前戦F1オーストリアGPでは、オープニングラップで、ミック・シューマッハとアントニオ・ジョビナッツィに挟まれて接触し、0周リタイアに追いやられている。。

「チームと僕は今のところ休憩をとることができないようだ」とエステバン・オコンはレース後に語った。

「レースが早く終わったのは残念だった。3ターン目でミックとアントニオに挟まれて、できることはほとんどなかった」

「レースを後ろからスタートした結果だ。そこみは常に戦いや接触の可能性があり、トラブルに巻き込まれやすくなる。」

しかし、エステバン・オコンは、最近の低調なパフォーマンンスは、契約更新プロセスを完了したばかりであることとは何の関係もないと主張した。

「僕のモチベーションは変わっていない」とエステバン・オコンは語った。

「契約前と同じように一生懸命ファクトリーに行っている。今のパフォーマンスとは何の関係もない」

「チームのために良い結果を出して、ベストを尽くしすことを決意している」

「もちろん、(フランスとオーストリアでは)パフォーマンスが十分ではなかったので、できるだけ早くリセットしなければならない」

「いくつかのことを見て、いくつかの赤字を目にしているけど、それが何であるかを正確に特定することは困難だ」

「シルバーストンでゼロから始め、マシンのできるだけ多くのパーツを交換し、もっと強く戻ってくることを願っている」

エステバン・オコンは最近のレースで厳しい時期を過ごしているが、チームメイトのフェルナンド・アロンソは、2年間のサバティカルでF1に復帰して最初のレースで苦戦した後、フォームを取り戻している。

フェルナンド・アロンソは過去4レース連続でポイントを獲得し、すべてのレースでエステバン・オコンに先んじて予選を通過している。

「フェルナンドと比較して、最初のスティントでは1秒遅いのは、間違いなく多すぎる」とエステバン・オコンは最近の予選パフォーマンスを認めた。

「間違いなくうまく機能していなかったものがあるし、それを理解する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / アルピーヌ