F1 エステバン・オコン
エステバン・オコンが、2020年からルノーF1チームと2年契約を締結したと Auto Bild が報道。メルセデスは2020年もルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスというラインナップを継続することになる。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2020年のルイス・ハミルトンのチームメイトを夏休み中に決定するとしており、バルテリ・ボッタスとエステバン・オコンの2択に絞って検討していると語っていた。

現在、エステバン・オコンはメルセデスと育成ドライバー契約を結んでリザーブドライバーを務めているが、ルノーへの移籍が実現した場合は、メルセデスとの関係が終了することを意味する。

トト・ヴォルフは過去数か月間にわたって、エステバン・オコンが別のチームに移籍する機会があるのあれば、それを妨害するつもりはないと語っている。

昨年、エステバン・オコンはルノー移籍で合意に至っていたが、土壇場でルノーがダニエル・リカルドを獲得したことでご破算になったとされている。

当時、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルノーのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールが“紳士的な振る舞いをしなかった”と批判していた。

また、エステバン・オコンがルノーに加入することで、ニコ・ヒュルケンベルグが現在のチームのシートを失うことになる。その場合、ヒュルケンベルグはロマン・グロージャンに代わってハースF1チームに加入して、ケビン・マグヌッセンとチームを組むことになると予想されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / ルノー / メルセデス