F1 エステバン・オコン ハースF1チーム
エステバン・オコンは、2020年にハースもしくはウィリアムズのF1シートの最有力候補だという噂を否定していない。

メルセデスが支援するエステバン・オコンは、昨シーズン末にフォース・インディア(現レーシングポイント)のF1シートを喪失。現在はメルセデスのリザーブドライバーを務めながら、2020年のF1グリッド復活を目指している。

エステバン・オコンは、たとえメルセデスのF1エンジンを搭載していないチームへの移籍であったとしても実現させる可能性があり、ひとつの噂としてロマン・グロージャンの後任としてフェラーリのF1エンジンを搭載するハースF1チームへの移籍が浮上している。

ハースF1チームのシートについて質問されたエステバン・オコンは「僕が最も興味のあることはF1で再びレースができるかだ」と RMC Sport にコメント。

「僕にとって今年レースをしていないのは厳しいことだ。去年、僕がグリッドの20名のドライバーではないというニュースは飲み込むのが難しかった。特に自分のパフォーマンスを考えればね」

エステバン・オコンは、ロバート・クビサの後任としてウィリアムズに加入するとの噂もある。

「いろいろなオプションが生きている。メルセデスは別のエンジンメーカーへの移籍であってもオープンマインドだからね」とエステバン・オコンはコメント。

「ローン移籍の可能性もあるし、それは問題ではない。僕のメインのゴールはメルセデスのオフィシャルチームで走ることだけど、何だって可能だ」

いろいろと噂されている件についてエステバン・オコンは「それらが自分の事である限りは良いことだと思っている。F1全体が自分のことを忘れていないということだからね」とコメント。

「僕のマネジメントは僕のための解決策を見つけるためにとても頑張ってくれている。すぐに見つけられることを願っている」

Auto Bild は、ロマン・グロージャンがハースF1チームのシートを失った場合、DSテチーターからフォーミュラEに参戦する可能性があると報じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン