F1 エステバン・オコン ブラジルGP
フォースインディアのエステバン・オコンは、F1ブラジルGPの予選を13番手で終えた。決勝ではギアボックス交換によって5グリッド降格が決まっている。

「素晴らしい予選セッションではなかった。いろいろな理由で状況は僕たちにとって良い方向に進まなかった。最終プラクティスと予選の間にセットアップを変更したけど、必要としていた成果をもたらすことはなかった。だから、クルマの感触は予選に向けて理想的ではなかった」とエステバン・オコンはコメント。

「セッションの前は僕たちにはQ3に進めるポテンシャルがあると思っていたけど、うまくいかなかった。それにグリッドペナルティを受けなければならないので、ほぼ後方からのスタートになるし、レースはさらに難しくなるだろう。明日は雨が降れば僕たちの有利に働くかもしれないし、キャッチアップして、ポイントを争えるかもしれない」

関連:F1ブラジルGP 予選:ルイス・ハミルトンが今季10回目のPP獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン | フォース・インディア | F1ブラジルGP