エステバン・オコンの2018年10月のF1情報を一覧表示します。

エステバン・オコン 「これまでのF1キャリア全体で最悪のレース」

2018年10月30日
F1 エステバン・オコン フォースインディア
フォースインディアのエステバン・オコンは、F1メキシコGPの決勝レースを11位で終えた。

「僕のここまでのF1キャリア全体で最悪のレースだったかもしれない。まったく思い通りにならなかったし、とにかく酷い午後だった。とても良いスタートを切って、1コーナーまでに2台のザウバーを抜くことができたけど、今日ポジティブだったのはほぼそれだけだ」とエステバン・オコンはコメント。

エステバン・オコン 「ハイパーソフトでスタートしたくなかった」

2018年10月28日
F1 エステバン・オコン メキシコGP
エステバン・オコンは、F1メキシコGPの予選で11番グリッドを獲得。タイヤを自由に選べる最上位ドライバーとなった。

「11番手はレースをスタートするには興味深い場所だ。僕たちはあまりハイパーソフトでレースをスタートしたくと考えて予選に臨んだし、Q2で硬いコンパンド(ウルトラソフト)で走ったのはそれが理由だ」とエステバン・オコンはコメント。

エステバン・オコン 「メキシコはチームとって忙しい週末」

2018年10月26日
F1 エステバン・オコン メキシコGP
フォースインディアのエステバン・オコンが、2018年のF1世界選手権 第19戦 メキシコGPへの意気込みと舞台となるアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスについて語った。

「メキシコの週末は楽しい。もちろん、チームにとってい忙しいレースだけど、週末を通してパートナーとのイベントがかなりたくさんあるので、街を少し見ることができる。チェコ(セルジオ・ペレス)のホームレースなので、チーム全体にとって着陸した瞬間から忙しい!」とエステバン・オコンはコメント。

エステバン・オコン 「ガスリーとルクレールは2019年に勝利を争う」

2018年10月25日
F1 ピエール・ガスリー シャルル・ルクレール
エステバン・オコンは、2019年のF1グリッドを外から眺めることになるかもしれないが、同世代のピエール・ガスリーとシャルル・ルクレールは開幕時から勝利を争うことになると予測しており、新世代のドライバーのための道を切り開いてくれるだろうと考えている。

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、2019年にダニエル・リカルドの後任としてレッドブル・レーシングに昇格。シャルル・ルクレールは、キミ・ライコネンの後任としてフェラーリでF1を戦う。

F1 Gossip | メルセデス、2019年にボッタスに代えてオコンを起用?

2018年10月24日
F1 メルセデス バルテリ・ボッタス エステバン・オコン
メルセデスは、ジュニアドライバーのエステバン・オコンのキャリアを救うためにワークスチームのドライバーに起用し、バルテリ・ボッタスは土壇場でシートを喪失する可能性がある。そんな大胆な予想を元F1ドライバーのロバート・ドーンボスが展開している。

フォースインディアのシートを喪失することになるエステバン・オコンだが、ウィリアムズの2019年のドライバー候補としてまだ名前が残っている。

メルセデス 「エステバン・オコンは2020年に“良いマシン”に乗る」

2018年10月23日
F1 メルセデス エステバン・オコン
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ジュニアドライバーのエステバン・オコンは2019年に一旦はF1レースから外れる可能性はあるかもしれないが、2020年にはF1で“良いマシン”に乗れると自信をみせている。

フォースインディアは2019年のドライバーとしてセルジオ・ペレスと契約を延長したことを発表。もう1つのシートにはランス・ストロールが移籍することは既定路線と考えられており、エステバン・オコンはシートを喪失することになる。

エステバン・オコン、8位フィニッシュも燃料流量違反で失格

2018年10月22日
F1 エステバン・オコン アメリカGP
フォースインディアのエステバン・オコンは、F1アメリカGPの決勝をレースを8位でフィニッシュ。しかし、レース後、オープニングラップで燃料流量の100kg/hの制限を超過したことにより失格処分となった。

「困難な1周目の後、厳しいレースだった。後ろのクルマが大きなリスクを冒したことでスタートでいくつか順位を失った。僕の意見ではリスクがあまりに大きかったので、彼を先に行かせることに決めた」とエステバン・オコンはコメント。

F1アメリカGP | エステバン・オコンとケビン・マグヌッセンが失格

2018年10月22日
F1 エステバン・オコン ケビン・マグヌッセン アメリカGP
F1アメリカGPの決勝リザルトからフォースインディアのエステバン・オコンとハースのケビン・マグヌッセンが失格処分となった。

8位でフィニッシュしていたエステバン・オコンは、オープニングラップで燃料流量の100kg/hの制限を超過したことにより失格処分となった。また、9位でフィニッシュしていたケビン・マグヌッセンは、レース全体での燃料使用量105kgを超過したとして同じく失格処分が下された。

エステバン・オコン、燃料流量違反で失格の可能性 / F1アメリカGP

2018年10月22日
F1 エステバン・オコン アメリカGP
エステバン・オコンとフォースインディアは、F1アメリカGPの決勝レース終了直後に燃料流量違反の疑いでスチュワードに召集された。

エステバン・オコンは、F1アメリカGPを8位でフィニッシュ。しかし、レース終了から15分も経たないうちに1周目に燃料流量を違反した疑いでスチュワードから召集された。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム