エステバン・グティエレス
エステバン・グティエレスは、メルセデスのモータースポーツ責任者のトト・ヴォルフが、メディアを通して自分を批判したことについて“公の場で笑いものにする”のはフェアでないと怒りを示した。

トト・ヴォルフは、F1シンガポールGP後、レース終盤のニコ・ロズベルグとダニエル・リカルドの戦いをエステバン・グティエレスが「妨害した」と語っていた。

最終的にニコ・ロズベルグはロズベルグは0.488秒差で勝利を得たが、トト・ヴォルフは「我々はポジション争いをしていたフェリペとグティエレスというトラフィックにぶつかってしまった」とコメント。

「誰にでも平等なところはグティエレスのいいところだと思う。オーバーテイクしようとしているのが誰であっても気にしないのだからね!」

「だが、率直に言って、コンマ1秒を争うレースの優勝争いが繰り広げられているというのに、のんきにクルージングしている者が邪魔するというのはどうなのだろう。それもいつも同じ人物だ」

このトト・ヴォルフの発言を聞いたエステバン・グティエレスは「そんなことを言われたと聞いて、とても残念な気持ちだ」と述べた。

「僕を公の場で笑いものにするなんてフェアな行動ではない」

「彼は僕のところに来て、直接話をすればよかった。僕のいないところで他の皆に対してコメントするのではなくてね」

「何か言いたいことがあるなら、話をしに来ればいい。僕はオープンな人間だし、彼はそれを知っている。とても率直な人間だということをね」

今年、エステバン・グティエレスは、ブルーフラッグへの反応が悪いとたびたび批判を受けている。F1ハンガリーGPではルイス・ハミルトンが怒りを示し、グティエレスは5秒のタイムペナルティを受けた。また、ドイツGPではダニエル・リカルドが批判的な発言を行っている。

F1ベルギーGPのフリー走行3回目では、エステバン・グティエレスがパスカル・ウェーレインをブロックしたとして5グリッド降格ペナルティを受けたが、これは状況を知らせなかったチームのミスであると代表は明言している。

「チーム代表やチームマネージャーなら誰であってもドライバーがブルーフラッグで大量に時間をロスすることを喜ばないはずだ」とエステバン・グティエレスはコメント。

「間違ったことをしたら、ペナルティを受ける。単純な話だ。ブダペストでの行動はよくなかった。そのためにペナルティを科された。ルイスが文句を言ったからそうなったわけだけど」

「でも、シンガポールではペナルティを受けなかった。僕は自分のレースをしていた。僕だって戦っていた。これからも自分のやり方でいく」

「(ヴォルフに)そんなことを言われるなんてがっかりだ。みんな、僕を物笑いの種にすればいいさ。言いたいことを言えばいい。でも、ルールがある」

「僕はこれからも前進し、改善することを目指していく。このところ僕は一貫したリザルトを記録している。トップ10に入って入賞するまであと一歩のところまできている」

「何も僕の邪魔はできない。プッシュし続ければ、いつかポイントを掴める。そう信じている」

トト・ヴォルフの発言を受け、ハースのチーム代表ギュンター・シュタイナーも、エステバン・グティエレスが“たたかれ役”にされるのは理にかなっていないとして反論している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・グティエレス / ハース