F1 チャーリー・ホワイティング
2019年のF1世界選手権の開幕戦は、F1に関係しているすべての人々にとって厳しい経験となった。長年にわたってF1に貢献してきたレースディレクターのチャーリー・ホワイティングが開幕直前に急逝した。

元F1ドライバーで、現在はテレビ解説者を務めるマーティン・ブランドルは「チャーリーはコース上の偏在していた」と Sky Sportsで語った。

「彼の公式な発言がなければ、ほぼ進行しなかった。彼はトラックのマスターであり、競技およびテクニカルな部分のすべての手順だった。『チャリーに聞け』が全員にとっての合言葉だった」

「彼はF1,そして、シーズンで訪れるあらゆる国のモータースポーツ管轄で全面的な信頼を得ていた。誰もが彼のすべての同意したわけではないし、そこからは程遠いときもあった。だが、我々全員が、彼が穏やかで一貫性のあるコントロールをしてくれることで、最終的に全員が利益を得ることをわかっていた」

「バーニー・エクレストン、マックス・モズレー・ジャン・トッドのような陰の実力者、もしくはチーム代表、ドライバー、メディアであろうと関係なく、彼は対応し、耳を傾けていた」

「バーニーが泣くところを見たことはなかったし、考えたこともなった」

関連:バーニー・エクレストン 「チャーリーの死はF1にとって大きな損失」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン