F1 バーニー・エクレストン チャーリー・ホワイティング
バーニー・エレストンは、急逝したF1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングの代わりを見つけることは“不可能”だと語った。

FIA(国際自動車連盟)は木曜日の朝、長年F1レースディレクターを務めてきたチャーリー・ホワイティングが肺塞栓症を患って亡くなったことを発表。66歳だった。

チャーリー・ホワイティングは、グランプリ週末にトラックとマシンの安全性、技術的および手続き上の問題を監督すること、そして、レース自体をスタートさせる役割を果たしてきた。

「F1にとって大きな大きな損失だ」とバーニー・エクレストンは Reuters にコメント。

「彼が規則を守り、あらゆることを守ってきたおかげで、物事を進み、FIAはかなりまっすぐな道を保ってきた」

「人々はレースディレクターとしての彼について話しているが、それは彼がしたことのほんの一部だ。彼は自分がやりたいことをやることを愛していた才能のある人間だった」

「トップチームはチームマネージャーとして彼を獲得しようとしていた。しかし、彼は自分がやってきたことをやり続けることが全員にとってはるかに良いと考えていた」

FIAは、オーストラリアのスーパーカーシリーズの副レースディレクターであるマイケル・マシが今週末のF1オーストラリアGPでチャーリー・ホワイティングの役割を担うことを発表した。

しかし、長期的に見れば、F1はチャーリー・ホワイティングに代わる人材を見つけること苦労するだろうとバーニー・エクレストンは語る。

「それはほぼ不可能だと思う」とバーニー・エクレストンは語る。

「彼はF1を見て、F1に耳を傾け、すべてのことをしてきた。彼はワンマンジョブとしてそれをやってきた。チャーリーがやってきたことをできる誰かを探すことは難しい。3~4人で彼のやってきたことをやったとしてもうまくいかない」

「チャーリーとは何か、彼が何をしたのか、実際には誰もわかっていなかった。彼は多くのことを知っていた。そして、彼があっていたことを知ったら、彼らは驚くだろう」

関連:F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングが急死

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / FIA