ペドロ・デ・ラ・ロサ(フェラーリ)
ペドロ・デ・ラ・ロサは、F1ヘレステスト最終日にフェラーリ F138で50周を走行し、9番手タイムとなる1分20秒316でテストを終えた。

ペドロ・デ・ラ・ロサ (フェラーリ)
「全体的にポジティブな一日だったし、クルマの感覚を掴むことができた。これは僕たちがクルマを界はルしてシミュレーターとデータを比較するときに非常に重要になってくる」

「シミュレーションで望んでいたところにはまだ来ていないし、やらなければならない作業はたくさんあるけど、それが僕が雇われた理由なわけだし、スクーデリアの進歩に貢献するためにベストを尽くしたい」

「今日はかなり複雑な気持ちだった。クルマを走らせることに非常に興奮していたけど、最初の2周でクルマを降りたときは必ずしもハッピーではなかったね。生涯ずっとこのようなチャンスを待っていたわけだし、たった数コーナーで終わってしまうのは素晴らしいことではないのは確かだ。プログラムを続けられるかわからなかったからね。でも、その後チームは驚くべき仕事をしたし、利用できる日が数日しかないことを考えれば、トラックに戻れることは不可欠だった」

画像 画像

関連:F1ヘレステスト最終日:キミ・ライコネンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ペドロ・デ・ラ・ロサ / フェラーリ