ダニール・クビアト 「スリップストリームの成否が勝負を分けた」 / アルファタウリ・ホンダ F1イタリアGP 予選
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、2020年のF1世界選手権 第8戦 F1イタリアGPの予選を11番手で終えた。

ダニール・クビアトは、0.1秒差の11番手でQ2ノックアウトとなり、またもQ3進出を逃した。しかし、クビアトは、スタート時のタイヤを自由に選べる形でレースを戦う。

「今日の予選はスリップストリームの取り合いになり、それが成功したかしなかったかが勝負を分けた」とダニール・クビアトはコメント。

「運が悪いことに前を走っていたマグヌッセン(ハース)がコースアウトし、スリップストリームをうまく使えなかった。それでも明日は11番手からのスタートなので、ポイント獲得を目指してレースに臨む」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / F1イタリアGP / アルファタウリ