「ダニール・クビアトを見限るのはまだ早い」と同郷の元F1ドライバー
アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーを務めるダニール・クビアトを見限るのはまだ時期尚早だと、クビアトと同じロシア出身のF1ドライバーであるヴィタリー・ペトロフは語る。

最近、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ダニール・クビアトが“期待を下回っている”と語っており、多くの人が2021年にホンダF1がサポートする角田裕毅を昇格させるためにクビアトがチームを出ていくことになると予想している。

現在、F1スーパーライセンス取得可能なF2でランキング3位につけている角田裕毅は、F1アブダビGP後の若手ドライバーテストでアルファタウリを走らせることが確認されており、アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストも「遅かれ早かれ我々のマシンに乗ることになる」と今後のF1ドライバーとしての角田裕毅の抜擢を示唆している。

しかし、ヴィタリー・ペトロフは「シーズンは長い」と Izvestia に語る。

「ダニールはまだ流れを変えることができると思う。数レースを待たなければならないだろう」

「私はクビアトに関するファンの懸念を理解している。しかし、F1に参戦したドライバーとして、私は一般の人々には隠されている詳細がいくつあるかを知っている。何が起こっているのかさえ知らないと思う」

「チームのボスまたはダニール自身だけが知っていることはたくさんある。問題が自分自身であるのか、外的要因であるのか、セッティングであるのかといったね。そして、おそらくダニールは契約によって真実をすべて伝えることはできない」

「しかし、フランツ・トストはダニールを擁護し、彼のスピードについて話している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / ヴィタリー・ペトロフ / アルファタウリ / 角田裕毅