ダニール・クビアト F1 ハンガリーグランプリ
ダニール・クビアトは、F1ハンガリーGPの予選で3グリッド降格とペナルティポイントを科せられ、出場停止まであと2点となった。

ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)は、予選Q1でランス・ストロール(ウィリアムズ)を妨害したと判断された。

スチュワードは、ダニール・クビアトがチームからランス・ストロールの接近を十分に早くに伝えられていなかったことを認めつつも、ペナルティを科すことを決定した。

予選を13番手で終えたダニール・クビアトには3グリッド降格ペナルティが科せられ、決勝は16番グリッドからのスタートとなる。

また、より重要なのは1点のペナルティポイントを科せられたこと。ダニール・クビアトは合計12ポイントに達すれば出場停止になるペナルティポイントが10点に達した。

10月の第17戦 F1アメリカGPまでにあと2点のペナルティポイントを科せられた場合、ダニール・クビアトは1戦の出場停止処分が科せられる。

「スチュワードは、ビデオ、ドライバー無線通信、タイミングデータ、テレメトリー、クルマのポジショニングデータといった証拠を調べ、ダニール・クビアト(26号車のドライバー)、ランス・ストロール(18号車のドライバー)、チームの代表者から事情を聞いた」

「スチュワードは、クビアトが序盤にスピンして、タイヤにダメージを押し、極端にスローラップ中だったと断定した。スチュワードは、彼がアタックラップ中のストロールの接近を非常に遅くチームから警告されたことを認めた」

「さらにクビアトはストロールを確認して出来るだけ早く右にマシンを寄せた。だが、スチュワードは、それらが要因を緩和させなかったと考えた。クビアトは極端に遅く走っており、他のドライバーが最速ラップを記録しようとしていたQ1の最後にレーシングラインを取っていた。それが不必要な妨害に至った」

ダニール・クビアトは、オーストリアGPとイギリスGPのクラッシュでもペナルティポイントを科せられてり、今回が3戦連続での処分となる。

関連:F1ハンガリーGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニール・クビアト | トロロッソ | F1ハンガリーGP