ダニエル・ティクトゥム、追い出されたレッドブルF1に恨み節
元レッドブルF1のジュニアドライバーであるダニエル・ティクトゥムは、ドライバー育成プログラムから解雇された背景にまだ不満を抱いていることを認める。

ある時点でダニエル・ティクトゥムは昨年のトロロッソ(現アルファタウリ)のフルタイムのF1レースシートの好意的な候補者ように思われていた。

しかし、2018年のヨーロッパF3選手権でミック・シューマッハに敗れたことで、F1参戦に必要なスーパーライセンスポイントを満たすことができず、代わりにアレクサンダー・アルボンがトロロッソのF1ドライバーに起用された。

一方、ダニエル・ティクトゥムは不足しているF1スーパーライセンスポイントを補うために日本のスーパーフォーミュラに送り込まれ、ホンダのエンジンを搭載するTeam MUGENから参戦した。

だが、ダニエル・ティクトゥムは3戦で1ポイントしか獲得できず、レッドブルは他のジュニアドライバーに交代し、ダニエル・ティクトゥムはレッドブルのジュニアプログラムから外された。

その後、ダニエル・ティクトゥムは挽回し、現在はウィリアムズの開発ドライバーとしての役割を果たしているが、レッドブルとの関係が終わった今でも、後味の悪さを残している。

「チームが私に大きな信頼を持っているとは思わなかったとでも言えばいいかな」とダニエル・ティクトゥムはコメント。

「レッドブルが信頼していないドライバーをF1マシンに乗せるのは少し奇妙だよね」

「でも、僕たちはそうした。すべてを完了して多くのことを学んだ」

「人々は『落とされたことはまだ苦しいですか?』と聞いてくるし、もちろん、それはそうだ。でも、僕は今、非常に良い位置にいる」

スーパーフォーミュラでの失敗に関して、ダニエル・ティクトゥムは昨年に同シリーズが新しいシャシー『ダラーラSF19』への移行によって苦労していたのは自分だけではなかったと考えている。

「チームは前世代のマシンでは非常に強力なセットアップを持っていたし、鈴鹿で行ったテストはそれほど悪くなかった。かなりよさそうだったし、順調に進んでいた」とダニエル・ティクトゥムは語る。

「そして、新しい車を手に入れたとき、すぐに適切なウィンドウに入れるのが非常に難しいことが明らかになった。セットアップのウィンドウは非常に狭かった」

「僕たちのチームは新しいマシンに同様のベースラインを適用したと思うけど、最初はまったく機能しなかった」

「MUGENのために運転する機会を与えられたことには非常に感謝していた。彼らは以前に優勝ていた。でも、僕は彼らがテストで十分に反応し、十分に大きな変更を加えたとは感じなかったと言わざるを得ない」

チームメイトの野尻智紀は最終的に新しいハードウェアに慣れ、タイトルを獲得したニック・キャシディにわずか12ポイント差の2019年のドライバーランキングで4位に終わっている。

「いろいろな憶測があったし、チームは『彼は日本に慣れる必要がある。彼はあそこのトラックに慣れる必要がある』と言っていた」とダニエル・ティクトゥムは振り返る。

「しかし、結局のところ、それはトラックとレースカーだよね? 日本っても月ってもは関係ない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・ティクトゥム / ウィリアムズ / レッドブル