デビッド・クルサード(画像)
14年間のF1キャリアに終止符を打つことを発表したデビッド・クルサード。最後のイギリスGPを終え、これまでのキャリア、そして将来のことなど、引退について語った。

デビッド、いつ2998年にF1を引退することを決断したのですが?
今シーズンのはじめに、適切な時だと感じていたので、目が覚めて決断したときは、特別な朝ではなかった。ナンドかフィアンセのカレン(ミニエ)と話し合って、今シーズンを終えためのエネルギーと熱意があることを決心したけど、もう1シーズン始めるかについては疑問だった。そして、その全てが適切な時だと僕に教えてくれたんだ。だから、むしろ他のどこかにいることを望むより、楽しんでいるうちにうまく辞めることに満足しているよ。

今シーズン、トラックでのレースが最後だとわかり、レースに違いはありますか?
正直なところ、それほどでもない。今年をここまで振り返ると、小さな事故に巻き込まれていたし、まだ戦っていた。それは僕がまだ最後まで全力でプッシュするという決意を表している。ダメージのいくつかは僕を犠牲にしたかもしれないけど、僕はまだあきらめたというより、むしろトライしている。でも、もナコで友達の友達のボートから家に歩いていたとき、今回が最後なんだと悲しかったかもしれない。僕は本当にモナコのレースに挑戦することが好きなんだ。

あなたのキャリアを振り返って、最高の瞬間、最悪な瞬間は何でしたか?
もちろん最高の瞬間は、勝利だ。それに勝るものはない最高の気分だ。勝利の他で最高なのは、チームの人たちと働いているときだ。エンジニアやメカニカックのように懸命に働いている人がたくさんいる。最悪なのは、もちろんF1に関わるいくつかの政治的な取引だ。僕は9シーズンのあとでマクラーレンを去るとき、ブラジルのレースで目に涙が浮かんできた。でも、安堵の感情より、むしろいくらかの感情とともに離れた方が良いと思った。僕は人生においてチームとパートナーの両方でたくさんの関係があった。全ての関係が、責任、エネルギー、愛に満ちていた。だから、これまでの人生はとても充実していたと思うね。

あなたはトップチームで多くドライブしてしましたが、しばしばチームメイトがチャンピンシップを獲得しても、あなたは掴み取ることはできませんでした。それは何故だと考えますか?
ワールドチャンピオンシップに勝てるマシンを運転するチャンスがあったのは明らかだ。でも、僕は、スピードがあっても、それを獲るのに最後に必要となる一貫したレベルを維持することができなかった。これはいま、僕が残りの人生で対処しなければならないことだ。僕はレースに勝ったし、シルバーストンではミハエル(シューマッハ)やミカ(ハッキネン)と並んで素晴らしい勝利を楽しんだ。僕がその日打ち破ることができた2人の素晴らしいF1チャンピオンだ。でも、ドライバーが日曜日にすることだけが重要なのではない。トラックから離れても多くの仕事がある。僕がマクラーレンでそんなに長い期間を楽しんだ理由はそれだ。彼らは、僕がよく働き、チームの前進ために懸命に働くことを知っていたんだ。

あなたはF1チャリアを通じて多くのチームメイトを持ちました。誰か長年の友達はいますか?
元チームメイトとは誰とも定期的なコンタクトはとっていないよ。表現できな特別理由があるのかもしれないね。でも、常に消えることのない絆があるよ。

F1キャリアと並んで、あなたはビジネスマンとしても成功した人生を確立しました。将来あなたのスキルはどこに進むのでしょう?そして、あなたの将来の予定でF1レーシングはどこにありますか?
はい。君は正しいね。僕は4つのホテルとヘルメットプロジェクトのようにいくつかの投資プロジェクトがある。F1は僕に非常に素晴らしい人生を与えてくれたし、それにはとても感謝している。僕の主要な関心はまだモータースポーツにあるし、F1にある。だから、レッドルブルのコンサツラントになることには同意できないね。またメディアにも僕はたくさん貢献できる。チームの内部の知識などがあるからね。

あなたはブラジルのチェッカーフラッグのあとレッドブルのコックピットを離れます。誰がそれを満たすことを望みますか?
セバスチャン・ベッテルが将来のF1チャンピオンとして必要なものを全て持っていると思う。また、彼の成熟度やアプローチは、この仕事に最適な人間であることを証明している。だから、彼がレッドブルのために素晴らしい仕事ができるだろうと確信しているよ。

日曜日にルイス・ハミルトンがシルバーストンで優勝するまで、あなたがイギリスGPで勝った最後のイギリス人ドライバーでした。今、シルバーストンの優勝者のリストに他のイギリス人がいることは悲しいですか?
いいや、もちろん違うよ。僕はルイス(ハミルトン)がレースに勝ったことを気にしなかった。それはイギリスのモータースポーツのために素晴らしいことだ。このトラックでの僕の最後の走行が1周で終わってしまったことは悲しかった。でも、そうは言ってもそれがレースだ。勝利への精神力と柔軟性のある理論的な戦略。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / デビッド・クルサード / レッドブル