デビッド・クルサード(レッドブルF1)
カナダGPで今シーズンの初ポイントを表彰台で飾ったデビッド・クルサード。シーズン中のシート喪失まで囁かれたクルサードだが、この入賞により、レッドブルでの本来のパフォーマンスを証明したと語る。

デビッド、モントリオールまでのシーズンに基づき、多くの人があなたは既に無価値とみなしていました。先週、あなたは復習し、批判者を黙らせましたね。どんな気分でしたか?
素晴らしい気分だったよ。このスポーツに十分長くいるので、この結果ぐらい良いということはわかっている。もちろん6戦の結果はそれほど良くないようにみえるが、ペース不足や欲求不足というより、むしろ偶然だったいうことはわかっている。全く正反対だ。カナダでは、このような良いペースを発揮したし、わずかに運が味方した。ピットレーンで3台のマシンがクラッシュしなかったとしても、僕は7位だったと思う。もちろん、それは良いポジションではないけど、僕たちのチームがいる集団では力強い結果と言えるだろう。僕たちは2台のフェラーリ、2台のマクラーレン、2台のBMWが速いことはわかっているからね。通常は、トヨタやホンダ、ウィリアムズと7番手を争っている。だから、僕が達成したことは、数週間、人々を黙らせるさ!

最初にあなたを祝福したのはハリウッドスターのマイケル・ダグラスでした。そして、あなたがレッドブルのオーナーのディートリッヒ・マテシッツと電話していたのは間違いないですね・・・
マイケルのお祝いはお飾りさ。僕は長年彼を知っている。彼は本当にレースのファンなんだ。彼は有名人だけど、とても現実的な人だよ。そしてディートリッヒはもちろん表彰台という結果を喜んでいる。最終的に、それがレッドブルが望むことだからね。彼らは自動車メーカーチームとあそこで戦いたいんだ。

BMWザウバーがレースに勝ち始めるだろうことは予想されていたことですが、レッドブルの表彰台はちょっとした驚きできた。レースで重要だった局面を要約できますか?
僕はフルタンクでスタートした。だから1ストップ戦略をうまく機能させるという点で、問題は誰が最後にピットストップするかだった。僕たちは過去6、7年で16回セーフティカーが入ったのを知っていた。だから、セーフティカーが入るチャンスは大きかった。重要な問題は、それがピットストップの前に入るか、後に入るかということだった。今回、運は味方した。セーフティカーが入ったとき、僕は良い状況であることがわかった。ピットストップをしたトップ10のみんなが2ストップだとわかったからね。次の鍵となったのは、明らかにルーベンス(・バリチェロ)がピットに入ったのを観たときだ。彼がピットに入った時点で、良い結果になるとわかった。2ストッパーはセーフティカーに調子を狂わされていたし、後ろのマシンは、ルーベンスとトヨタだった。彼らは僕より1秒遅かった。僕の最速ラップはキミ(・ライコネン)からコンマ5秒離れていただけだったし、BMWとも非常に接近していた。だから、マシンのペースは良かった。でも、あのような日は、少しの運も必要なんだ!

シーズンの初めにディートリッヒ・マテシッツが、レッドブルが2008年にコンストラクターズ・チャンピオンシップを4位で終えるといったことが引用されました。その時点でそれは笑いを生んでいました。しかし7レースを追え、あなたたちは4位にいます。それは続くのでしょうか?
僕たちが、ホンダ、トヨタ、ウィリアムズ、もちろんルノーといったような安定したチームと競争していることが驚きだ。それは非常に楽観的な目標だけど、一方では現実的だ。僕たちが重要なチームになるには、毎年、前進しなければならないからね。僕が特に誇りに思うのは、僕がチームに加入したとき、チームを前へ進めるようということはチャレンジだった。適切な人々を見つけるというマテシッツの財政的な約束を信じていた。明らかにエイドリアン(・ニューウェイ)のような人がもたらしたものは助けになったし、我々はゆっくりと、しかし、確実に組織に会わないものを取り出した。そして、前進している。チームが堅実な基礎を組み立てて、それがマシンだけでなく、外側にも良い方向に影響していることには特に満足している。どれくらい4位でいられるかって?僕たちは1年を通して維持できない理由はないよ。7レースを終え、僕たちは、ルノー、トヨタ、ホンダ、ウィリアムズより多くのポイントを獲得している。集中しなければならないことは、両方のクルマがポイントを獲り続けることだ。

最近、我々はタイトル候補といわれている予想外のドライバーのミスを見ています。プレッシャーが、その犠牲を生んでいるのでしょうか?
キャリアをはじめたときのことを覚えている。人々は、「ウォー、君はとても落ち着いている」と言うことに慣れていた。現実は、何も知らないから、落ち着いていられるんだ。ルイス(・ハミルトン)について言えば、彼は素晴らしい才能がある。でも、彼を1シーズンでは評価できない。数シーズン見てみなければならないんだ。彼は最初の年に優勝していたとしても、彼のキャリアのすべてを語ることはできない。もっと見てなければならない。優勝を期待されないときの勝利と、勝つことを期待されてタイトルを獲ることには大きな違いがあるからね。今、彼は勝つことを期待されているし、スポットライトの下ではそれは避けられない。ミスをしたときは、人々はなぜ彼がそうなったかを質問し始める。プレッシャーが高まりはじめるんだ。

モントリオールは、多くのなかでかなり難しいトラックだろ考えられます。だから、そこでうまくできたなら、今シーズン全ての場所でうまくできるのでしょうか?はっきりと異なるサーキットである次のマニクールをどのように予想しますか?
マニクールは、そのロケーションのため、F1界が好む会場ではない。でも、僕はトラックを気に入っている。とてもチャレンジングだと思うし、非常にスムーズで、マシンには優れたエアロ効率が要求される。フェラーリが非常に強いと思う。もちろん、マクラーレンもね。僕たちが力強いパフォーマンスをみせられることを期待しているよ。

おそらく2009年に集中するため、いくつかのチームで開発が若干止まっている印象があります。バルセロナテストはマシンをフランスGPに合わせます。RB4のために、どのような新しいパーツまたはエアロパーツがありますか?
ボンダのように、多くのチームが既に来年に多くを向けている。トヨタは、最初のグランプリの前に前進したし、彼らはポジションを維持している。ウイリアムは進歩したと思う。そしてルノーも。特にスペインGPではね。レッドブルの場合は、安定して進歩していると思うし、それは励みになる。僕たちはできる限り長くこのマシンを開発するだろう。僕たちはコンストラクターズ・チャンピオンシップを4位で終えるのだからね!それがここでマシンバランスをテストをしている理由だ。僕は新しいウィングをテストした。僕たちはドライバビリティを改善し、ソフトウェアをチェックするためにルノーとエンジンの作業をする予定だ。

2009年のマシンの状況はどうですか?現在のマシンの開発と同時に、来年の完全に新しいマシンを構築することは、かなりのチャレンジになるでしょう・・・
このようなレギュレーションの重要な変更のときは、大きなチームはアドバンテージを得るだろう。それが現在のレギュレーションをアップデートなら、小さなチームにとってあまり挑戦となならないだろうけど、現在、僕たちはKERSを開発しなければならない。ローダウンフィースを開発しなければならない。そしれ、スリックタイヤによる影響を理解しなければならない。フェラーリやマクラーレンのようなチームはもっと早く多くの時間をつぎ込むことができるだろうけど、エイドリアンやジェフ(・ウィルス)やデザインチーム全体のスキルが、僕たちをあまり後ろに置かないことを願っている。

あなたの自叙伝「It is what it is」で、あなたは初期に過食症にかかったことを明らかにしました。今シーズンのはじめ、すでにスレンダーなドライバーであるのに7キロ減量したロバート・クビサに学びました。特別にスリムなドライバーがマシンの重量配分において、エンジニアに多くの柔軟性を与えるというプレッシャーはありますか?
ドライバーの体重は問題だ。僕はとても体重は重い。そして、僕はマーク(ウェバー)よりも軽い。したがって、僕はアドバンテージを失ってはいない。でも、60キロのチームメートがいるとしたら、彼は20キロ(のバラスト)をマシンで移動することができる。チームが20キロをまとめることは問題だけど、彼らがそれをまとめることができたら、アドバンレージになるかもしれない。今は、多くのチームは、タイヤのために、とても前寄りの重量配分で走行しているし、それは僕たちが抱える挑戦だ。前方に重量を寄せるには時間がかかる。でも、個人的にすぐに体重を絞ることは考えていないよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / デビッド・クルサード / レッドブル