コルトン・ハータの父親、アルファタウリF1への移籍失敗を語る
コルトン・ハータの父親は、アルファタウリF1への移籍が失敗したことが、息子のF1の夢の道のりへの終わりではないと信じている。

コルトン・ハータの名前は、ピエール・ガスリーのアルピーヌF1チームへの移籍を実現するための、アルファタウリF1チームの後任候補として突如浮上した。

ただし、F1スーパーライセンスポイントが不足しているという1つの問題があった。インディカーで7勝を挙げているにも関わらず、コルトン・ハータは十分なポイントを獲得できていなかった。

アルファタウリの姉妹チームであるレッドブルは、FIA(国際自動車連盟)に不可抗力を適用して特例を認めるように懸命に説得したが、その試みは失敗に終わり、レッドブルはコルトン・ハータを獲得する希望を捨て、代わりにニック・デ・フリースを検討していることが明らかになっている。

コルトン・ヘルタにとっては間違いなく苦い打撃であるが、父親のブライアンはこれがF1のシートを手に入れる最後のチャンスだとは考えていない。

「FIAが今何を決定したとしても、彼は自分のF1の夢が終わったとは考えていないと思う」とブライアン・ハータは語った。

「彼はマクラーレンF1チームでテストを行っているので、彼の前には信じられないほどの機会がある。だが、彼はアンドレッティ・オートスポーツ(インディカー)にいることも信じられないほどの機会であることを認識している」

「彼が何があっても大丈夫だということを覚えておくことが重要だ。彼は同情を求めるつもりはない」

コルトン・ハータへのライセンスの却下は、誰がF1スーパー ライセンスを取得し、誰が取得しないかに関して、FIAが「エリート主義」だという批判をもたらした。ブライアン・ハータは、インディカーの成功は現在よりも多くのポイントに値すると主張する。

アルファタウリの件が流れたというニュースについて「みんな我々より前に知っているようだね!」とブライアン・ハータ語った。

「しかし、それが『公式』になるかどうかさえ分からない。我々何も聞いていないことを知っている」

「コルトンは絶対に『特別なケース』になりたくなかったので、個人的なもののように見えてしまったのは少し悲しい」

「誰かがインディカーの成功についてもっと多くのポイントに値する議論をすることがあるとは思うが、一方で、ヨーロッパのラダーシステムを保護したいFIAの願望を完全に理解している」

「彼らが何を言おうと、彼らが何を決定しようと、それがそれだと思う。いずれにせよ議論する意味はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / コルトン・ハータ / レッドブル / アルファタウリ