F1 チェイス・ケアリー ベトナムGP
F1の最高経営責任者(CEO)であるチェイス・ケアリーは、ベトナム出身のF1ドライバーの単所湯が次ならステップだと語る。

F1は、2020年からベトナムの首都ハノイのストリート・サーキットでF1ベトナムGPを開催することを発表。シンガポール、中国、日本ですでに確立されているアジア地域での新たなオーディエンスのリーチを目指している。

だが、マイアミでのグランプリ開催を目指していた米国企業のリバティメディアにとっては、米国ではなく、アジアでのF1開催というニュースは気まずい部分もあると考えている者もいる。

F1ベトナムGPは、リバティメディアとして新たに追加されるレースとなるが、チェイス・ケアリーは、実際にはアジアは“長期的な成長戦略の基礎”だと主張する。

「過去に我々がやってきたことの多くは短期的な見解のものがあったと思う」とチェイス・ケアリーは AFP通信 にコメント。

チェイス・ケアリーは、新しいF1ベトナムGPを成功させるためには、ベトナム出身のF1ドライバーが誕することが助けになると考えていることを否定しない。

「中国人ドライバー、アメリカ人ドライバー、女性ドライバー、ベトナム人ドライバーが誕生してくれることを望んでいるし、すべてが我々の将来の一部だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: チェイス・ケアリー | リバティ・メディア | F1ベトナムGP