【動画】 F1ベトナムGP、ハノイ市街地コースの最新3Dビデオを公開

2019年8月28日
F1 ベトナムGP
F1ベトナムGPの主催者は、2020年にグランプリを開催するハノイ市街地コースの3Dビデオを公開した。

先週、オーストラリアのスコット・モリソン首相が公式の国家訪問としてハノイを訪れ、建設中のピットビルディングを視察。オーストラリア・グランプリ・コーポレーション(AGPC)は、2020年の初開催を支援するコンサルタントの役割でベトナムと協力している。

F1ベトナムGP | ハノイ市街地コースの新たなイメージ画像を公開

2019年7月24日
F1 ベトナムGP
F1は、2020年に初開催されるF1ベトナムGPの舞台となるハノイ市街地コースの新たなレンダリング画像を公開。マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、素晴らしいレースを生み出すために初めてゼロから完全に設計したサーキットだと自信をみせる。

ロス・ブラウンは、ハノイ市街地コースについて、ホイール・トゥ・ホイールのバトルを展開するレイアウトを作成するために多くの調査と分析を行ったと語る。

F1ベトナムGP、常設施設のイメージ画像を公開

2019年5月3日
F1 ベトナムGP
2020年に初開催されるF1ベトナムGPの常設施設のイメージ画像が F1 Racing で公開された。

現在、ベトナムの首都ハノイから20分に位置するナムトゥリエム地区では、F1ベトナムGP開催にむけてピットとパドックを建設するために整備が行われている。

レッドブル・レーシング、F1ベトナムGPの舞台ハノイでデモ走行

2019年4月21日
F1 レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングは、F1ベトナムGPの舞台となるハノイの市街地でデモ走行を実施した。

F1デモ走行は、元F1ドライバーのデビッド・クルサードとレッドブルのジュニアドライバーのジェイク・デニスが担当。2011年にダブルタイトルを獲得したRB7を走らせた。

【動画】 F1ベトナムGP:ハノイ市街地コース オンボード映像

2019年4月20日
F1 ベトナムGP
2020年にF1カレンダー入りを果たすことが決定したF1ベトナムGPを開催するハノイ市街地コースのオンボード映像が公開された。

ハノイ郊外にあるミーディン国立競技場の近郊に新たに設置されるハノイ市街地コースは、全長5.5665mのロングストリートサーキットとなる。およそ1600mのロングストレートを特徴とし、初期のシミュレーションでは最高速度は208mphに達するとの見積もられている。

F1ベトナムGP | サーキット建設に着手

2019年3月22日
F1 ベトナムGP
F1ベトナムGPは、2020年の初めてのF1レース開催に向けて3月20日(水)にグランプリサーキットの建設工事を開始した。

2017年にリバティ・メディアがF1のオーナーとなってから初めてF1カレンダーに追加されるF1ベトナムGPは、2020年4月の開催が予定されており、モナコ、シンガポールやアゼルバイジャンに次いでF1カレンダーで最新の市街地レースとなる予定となっている。

ヘルマン・ティルケ「F1ベトナムGPのサーキット建設の時間は十分にある」

2019年1月24日
F1 ベトナムGP
F1サーキットデザイナーのヘルマン・ティルケは、2020年のF1ベトナムGPにむけて新しいサーキットを建設するための時間は十分にあると語る。

リバティメディアは、昨年11月に2020年にベトナムの首都ハノイでストリートサーキットでグランプリを初開催することを発表。リバティメディアがF1の商業権を獲得してから最初の新しいレース契約となる。

F1 | ベトナムGPのサーキット設計にオーバーテイクシミュレーターを活用

2019年1月21日
F1 ベトナムGP
F1は、今後の新しいグランプリサーキットの設計に役立てるためにシミュレーターを活用していく。

昨年、F1は2020年からベトナムの首都ハノイでグランプリが初開催されることが発表。ハノイに設置される新しいストリートサーキットにはデザイン面を手助けするためにシミュレーションテクノロジーが活用されることになるという。

F1会長チェイス・キャリー、ベトナム出身F1ドライバーの誕生に期待

2018年11月8日
F1 チェイス・キャリー ベトナムGP
F1の最高経営責任者(CEO)であるチェイス・キャリーは、ベトナム出身のF1ドライバーの単所湯が次ならステップだと語る。

F1は、2020年からベトナムの首都ハノイのストリート・サーキットでF1ベトナムGPを開催することを発表。シンガポール、中国、日本ですでに確立されているアジア地域での新たなオーディエンスのリーチを目指している。
«Prev || 1 · 2 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム