シャルル・ルクレール 「レースランでは少しパフォーマンス不足」 / F1アブダビGP 金曜フリー走行
シャルル・ルクレールは、2022年F1アブダビGPでの自分とフェラーリの「クリーン」な初日の走行に満足しているものの、チームが今週末の勝利を争うためには、夜通しで対策を講じる必要があると考えている。

シャルル・ルクレールは、フリー走行2回目のタイムシートで首位のマックス・フェルスタッペンから0.3秒差、2番手のジョージ・ラッセルから0.1秒差の3番手タイムでF1アブダビGP初日のセッションを終えた。

シャルル・ルクレールは、自身のロングランのペースを「まあまあ」と表現し、フェラーリにヤス・マリーナ・サーキットでのロングラン パフォーマンスに対処するよう促した。フェラーリは、コンストラクターズランキング2位争いでメルセデスをかわすことを目指している。

「全体として、僕たちのセッションはオッケーだった」とシャルル・ルクレールは語った。

「予想されていたタイヤデグラデーションより、レースペースに少し苦労した。予選のペースは少し良くなったけど、ライバルは一歩先を行っているようだ」

「少なくともクリーンな金曜日だった。長い間そうではなかった。これは良いことだ。その一方で、特にレースランでは、少しペースが不足しているように見える」

「予選は問題ないように見えるけど、ここ数レースでそうだったので、驚くべきことではない。レースに向けてもう少しパフォーマンスを見つる必要がある。それが間違いなく僕たちの焦点だ。そうなるかどうかは、まだわからない」

ポールポジション争いに自信を持っているかどうかと質問されたシャルル・ルクレールは「マックスの最後のラップは本当に速かったけど、彼はもう1セットのソフトタイヤを使っていたので比較するのは難しい」とコメント。

「このようなコンディションでは、特に夜がなり始めるとトラックは大幅に改善されている。明日まで待たなければなりないけど、レースよりも予選の方が接戦になると思う」

シャルル・ルクレール スクーデリア・フェラーリ F1 アブダビグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1アブダビGP