シャルル・ルクレール 2戦連続ポール 「勝って2019年の雪辱を果たしたい」 / スクーデリア・フェラーリ F1シンガポールGP 予選
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年 F1シンガポールGPでポールポジションを獲得。レースでも勝利を収めることで、セバスチャン ベッテルに負けてしまった2019 年のレースで「フラストレーション」を埋め合わせたいと語った。

土曜日、シャルル・ルクレールは、セルジオ ペレス(レッドブル・レーシング)をわずか0.022 秒差で上回ってポールポジションを獲得。ライバルのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は8番手に沈み、ルイス・ハミルトン(メルセデス)は3番グリッドを獲得した。

シャルル・ルクレールはポールポジションを喜んだが、2019年のフェラーリの戦略コールでセバスチャン・ベッテルが彼を打ち負かして勝利し、ルクレールを激怒させた前回のシンガポールGPの思い出はまだ生きていると認める。

「あの日は明らかにフラストレーションを感じていた。とてもよく覚えている」とシャルル・ルクレールは語った。

「振り返ってみると、おそらく当時としては正しい選択だったと思う。それがなければ、おそらく不可能だったワンツーを達成するのに役立ったからだ」

「そうは言っても、もし明日また同じことが起こったら、おそらく2019年と同じくらいフラストレーションを感じるだろう。なぜなら、僕は勝つためにここにいるし、明日勝つことだけを望んでいるからね。ベストを尽くしてどうなるか見てみよう」

シャルル・ルクレールは、ターン13とターン16でミスを犯し、ポールポジションからスタートするチャンスをほとんど失ったにもかかわらず、シンガポールで2年連続でポールポジションを獲得したことは「本当に特別だった」と付け加えた。

「本当に、本当に特別だった。ストリート トラックでのすべての予選セッションは限界に達しており、このように湿っている場合はさらに限界がある」とシャルル・ルクレールはコメント。

「コースの一部が濡れているのでリアが失われたけど、全体的にかなりクリーンなラップを走ることができ、うまく機能した」

「特に金曜日の内容を考えると、今日の結果にはとても満足している」

「昨日はいくつかの問題でラップ数が非常に限られていたけど、うまく挽回できた。だから、レース走行のデータはあまりないけど、完璧に実行できれば、勝てると確信している」

シャルル・ルクレール スクーデリア・フェラーリ F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1シンガポールGP