シャルル・ルクレール 「今年はタイヤの問題に特別な注意を払っていく」 / スクーデリア・フェラーリ F1フランスGP
シャルル・ルクレールは、今週末のF1フランスグランプリでのスクーデリア・フェラーリのパフォーマンスに自信を持っており、チームは常に協力ではあったが、かなりの問題を抱えていたと主張する。

シャルル・ルクレールは、 2022年のF1オーストリアグランプリでの重要な勝利に続いてフランスに到着しました。その勝利は、レースの終わりに向けてスロットルペダルの問題が発生したことで失っていた可能性もあった。

パワーユニットの問題で2位でフィニッシュする可能性を失って車が炎上した末にリタイアしたチームメイトのカルロス・サインツJr.とは異なり、シャルル・ルクレールはこの問題を乗り越えてF1キャリアで5勝目を挙げた。

今週末のポール・リカールに向けてどのような気持ちかと質問されたシャルル・ルクレールは「もちろん、感触はいい」とFormula1.comに語った。

「オーストリアに来たときよりもずっと気分がいいだ。僕たちはそこで非常にポジティブな週末を過ごした。そして、僕たちはそのレベルのパフォーマンスにひたすら焦点を合わせ続ける必要がある」

「僕たちはオーストリアで非常に強かった。僕たちは非常に長い間非常に強かったけど、残念ながら、かなりの問題を抱えていた」

「でも、今週末に目を向ければ、僕たちはかなり速いと確信している。ミスをせずにすべてをまとめるだけの問題だ」

ポール・リカールは、スクーデリア・フェラーリが近年、特にタイヤデグラデーションに苦しんできたトラックであり、今年もタイヤが問題になるかもしれない。

だが、シャルル・ルクレールは「去年は少し苦しんだし、その前の年もそうだった。でも、今年は、車も違うし、条件も異なる」とコメント。

「僕たちはタイヤに特別な注意を払っていく。フリープラクティスを利用して、過去2年間と同じ問題が発生しないようにしていく。でも、競争力があると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ