シャルル・ルクレール 「どのセクターでタイヤを使うかのバランスが重要」 フェラーリ F1アメリカGP 金曜フリー走行
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1アメリカGPの金曜フリー走行を7番手で終えた。

「アメリカに戻ってくることができてとても嬉しい。サーキットでもオースティンの街周辺で、ここの雰囲気はいつもとても特別だ。誰もが本当にフレンドリーで熱狂的で、今日もすでにグランドスタンドで旗を振って応援してくれているファンを見ることができるんは素晴らしいことだ」とシャルル・ルクレールはコメント。

「セッションに関しては、いろいろなものを全てテストして、計画通りにプログラムを完了することができた。チャレンジングだったのは、路面のバンプだ。運転がとてもトリッキーになる」

「気温が非常に高くなっているため、タイヤマネジメントが重要な要素だった。特にセクター3では、タイヤがオーバーヒートしていた。セクター1でプッシュして最後でタイムを失うか、最初のパートでタイヤをセーブしてラップの最後で速く走るかの間で完璧なバランスを見つける必要がある。FP3でさらにいくつかの仕事をして、予選までにこれを最適化する方法を理解したいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1アメリカGP