フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「2021年F1マシンはコーナーのエントリーが難しい」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、新しい空力ルールのせいで、2021年F1マシンはコーナーへのエントリーで管理するのがより難しくなっていると語る。

2021年のF1世界選手権では、F1マシンの速度を抑えるための一環として、ダウンフォースを削減するためにレギュレーションにいくつかの変更が加えられた。リアフロアの一部が削除され、ブレーキダクトとディフューザーの寸法に新しい制限が課せられた。

ダウンフォースが最大10%削減されたことで、2021年F1マシンのスピードは低下している。シャルル・ルクレールは、2021年F1マシンがまったく新しいドライビングスタイルを求めるわけではないが、アプローチにはいくつかの変化があると語る。

「ドライビングスタイルに関しては変化はないけど、違っていることもある」とシャルル・ルクレールは語った。

「フロアが変更されているため、マシンのリアの管理が難しくなっていて、コーナーに入るときは少しプッシュする必要がある」

シャルル・ルクレールは、コーナーでの回転を良くするため、マシンのリアをルーズにすることを好むドライバーだ。それは、昨年のフェラーリで当時のチームメイトであるセバスチャン・ベッテルよりもはるかに苦労しなかった要因のひとつであると信じられていた。

だが、昨年、SF1000を最大限に活用する上でセバスチャン・ベッテルに勝った理由について学んだことを振り返ったシャルル・ルクレールは「結局のところ、それは実際にフィーリングとドライビングスタイルの問題だと思う」とコメント。

「リアが動くマシンが好みだ。マシンを曲げるためにそれを使うことができるからね。他のドライバーはこの点で苦労している。SF1000のリアはあまり安定していなかったけど、僕にとってそこは問題ではなかった。でも、セブについて答えることはできない。ただ、その特性は僕のドライビングスタイルに合っている」

シャルル・ルクレールは、フェラーリでのセバスチャン・ベッテルとの2年間のパートナーシップから多くのことを学んだが、元チームメイトにコース上で追い抜かれたとしても感情は関係ないと述べた。

「そのような状況が発生した場合、『ああ、彼はチームメイトだった。僕は彼を倒したけど、今、彼は僕の前にいる』といったような感情になるとは思わない」と語った。

「バイザーを下げると、そのようなことを考える余地はない。自分自身、マシン、目の前にある仕事に集中する。セブが僕を追い抜いたら・・・すぐに自分のポジションを取り戻そうとしますが、その時点で他のことを考えていることはないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ