F1
フェラーリのシャルル・ルクレールの名前を冠したグランドスタンドが2020年のF1世界選手権の2つのグランプリに登場することになった。

フェラーリの育成プログラム出身のシャルル・ルクレールは、2019年にザウバーからフェラーリに移籍。F1ベルギーGP、そして、フェラーリの母国イタリアGPで勝利を挙げ、ティフォシとイタリアメディアのお気に入りのドライバーとなった。

モナコ出身のシャルル・ルクレールのために、F1モナコGPではプールセクションに位置するスタンドにルクレールの名前が付けられる。また、ポール・リカールで開催されるF1フランスGPではグランドスタンドに“ルクレール・スタンド”という名前が与えられる。

昨年、シャルル・ルクレールは、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルとのチーム内バトルを制し、ランキング4位でシーズンを終了。全ドライバーで最多となる7回のポールポジションを獲得している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1モナコGP / F1フランスGP