F1
フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、バイクに熱心であり、独自のカスタマイズされたバイクを新たに購入した。

F1ドライバーではルイス・ハミルトンのバイク好きが有名。ドゥカティと共同で設計したバイクを所有し、昨年にはバレンティーノ・ロッシのMotoGPマシンをサーキットでテストしている。

シャルル・ルクレールも負けてはいない。フランスのビルダーであるBad Winnerと協力して、Husqvarna Vitpilen 701をベースとしたカスタムバイクを購入した。このバイクはカーボン製のボディワークとホイールを備えた未来的なルックスが特徴的であり、最高馬力は約85馬力とされる。

昨年、シャルル・ルクレールは、ドゥカティの招待を受け、ムジェロ・サーキットを訪れてMotoGP第6戦イタリアGPを初観戦した。

「MotoGPの観戦は初めて。彼らのスピード、特にコーナーリングの速度は信じられない。F3に参戦していたときに、ムジェロを走ったことがあるけど、ここでの観戦は初めて。このバイクを試乗してみたい」とシャルル・ルクレールは語っている。

「もしかしたら、今すぐの走行は許可してくれないかもしれないけど、トラックでトレーニングをすることが目標だ。僕の中で気づいたことがある。それは4輪ではなく、2輪だけど、情熱は同じだ」

シャルル・ルクレール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ