シャルル・ルクレールの2020年09月のF1情報を一覧表示します。

シャルル・ルクレール、チームから誤った情報を伝えられ不満爆発

2020年9月27日
シャルル・ルクレール、チームから誤った情報を伝えられ不満爆発 / フェラーリ F1ロシアGP 予選
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1ロシアGPの予選Q2でのチームからの誤った情報に不満を爆発させた。

予選Q1でシャルル・ルクレールとチームメイトのセバスチャン・ベッテルは、ウィリアムズのジョージ・ラッセルに上回られ14番手と15番手でぎりぎりで通過。

シャルル・ルクレール 「主に焦点を当てなければならないのはバランス」

2020年9月26日
シャルル・ルクレール 「主に焦点を当てなければならないのはバランス」 / フェラーリ F1ロシアGP 金曜フリー走行
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2020年のF1世界選手権 第10戦 F1ロシアGP初日のフリー走行を8番手タイムで終えた。

「今日はかなり苦労したけど、ラップタイムは予想よりも良かった。パフォーマンスとドライバビリティの両方で改善の余地はあると思うし、僕たちが主に焦点を当てなければならないのはバランスだ」とシャルル・ルクレールはコメント。

シャルル・ルクレール 「フェラーリF1の不振は僕を成長させている」

2020年9月24日
シャルル・ルクレール 「フェラーリF1の不振は僕を成長させている」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、今シーズンのチームの不振のなかでドライバーとして“かなり成長した”と感じていると語る。

今季、シャルル・ルクレールはこれまでに2度の表彰台を獲得しているが、FIAとのプライベートな和解の影響もあり、フェラーリF1のペースは2019年と比較して劇的に低下している。

シャルル・ルクレール 「ポジションを守れるペースは僕たちにはなかった」

2020年9月14日
シャルル・ルクレール 「ポジションを守れるペースは僕たちにはなかった」 / フェラーリ F1トスカーナGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2020年のF1世界選手権 第9戦 F1トスカーナGPの決勝レースを8位で終えた。

5番グリッドのシャルル・ルクレールはスタートで3番手までポジションアップ。しかし、それ以降ポジションを守ることはできず、ズルズルと後退。8位でレースをフィニッシュした。

シャルル・ルクレール 「5番手は僕たちが達成できたベストの結果」

2020年9月13日
シャルル・ルクレール 「5番手は僕たちが達成できたベストの結果」 / フェラーリ F1トスカーナGP 結果
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2020年のF1世界選手権 第9戦 F1トスカーナGPの予選を5番手で終えた。

過去2戦では2台揃ってQ2敗退という苦戦を強いられていたフェラーリ。今大会はまさにフェラーリのホームレースとなるムジェロ・サーキットが舞台であり、チームにとって記念すべき1000回目のグランプリ。特別なカラーリングのマシンとレーシングスーツで望んでいる。

ルクレール 「FP1で速かったのはフィルミングデーの経験があったから」

2020年9月12日
ルクレール 「FP1で速かったのはフィルミングデーの経験があったから」 / フェラーリ F1トスカーナGP 金曜フリー走行
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1トスカーナGPのフリー走行1回目にすぐにペースを発揮できたのは、6月にフィルミングデーでムジェロ・サーキットを走っていたことが理由だと語る。

スパ・フランコルシャンとモンツァで悲惨なパフォーマンスに耐えたフェラーリF1だが、1000回目の記念すべきレースとなるムジェロではシャルル・ルクレールはフリー走行1回目に3番手タイムを記録する好スタートを切った。

シャルル・ルクレール 「ムジェロは過去2戦よりは相性はいいはず」

2020年9月11日
シャルル・ルクレール 「ムジェロは過去2戦よりは相性はいいはず」 / フェラーリ F1トスカーナGP プレビュー
フェラーリF1のシャルル・ルクレールが、2020年のF1世界選手権 第9戦 F1トスカーナGPへの意気込みを語った。

フェラーリ所有のムジェロ・サーキットでの初開催となるF1トスカーナGPはフェラーリの1000回目のグランプリ。SF1000はフェラーリが1950年に初めてF1に参戦した当時のバーガンディカラーが特別に施され、ドライバーのレーシングスーツもも同じ色合いが採用される。

シャルル・ルクレール 「クラッシュは完全に僕のミス」

2020年9月7日
シャルル・ルクレール 「クラッシュは完全に僕のミス」 / フェラーリ F1イタリアGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1イタリアGPで赤旗中断を引き起こした大クラッシュの全責任を負った。

1年前にポール・トゥ・ウィンを飾ったモンツァで、シャルル・ルクレールは13番手からスタート。早めのタイヤ交換が奏功し、ケビン・マグヌッセンのリタイアによるセーフティカーで6番手まで順位を上げていたルクレールは、リスタート後のパラボリカでコントロールを失ってタイヤバリアに突っ込んだ。

シャルル・ルクレール 「分かってはいたけど残念ながらこれが現実」

2020年9月6日
シャルル・ルクレール 「分かってはいたけど残念ながらこれが現実」 / フェラーリ F1イタリアGP 予選
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2020年のF1世界選手権 第8戦 F1イタリアGPの予選でQ2で敗退して13番手で終了。さすがにポジティブな言葉は出てこなかった。

チームメイトのセバスチャン・ベッテルはQ1で敗退。シャルル・ルクレールはQ2に進んだものの、13番手タイムで終了。後ろにはフェラーリのF1エンジンを搭載するマシンとウィリアムズの2台しかいない。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム