シャルル・ルクレール 「クラッシュは完全に僕のミス」 / フェラーリ F1イタリアGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1イタリアGPで赤旗中断を引き起こした大クラッシュの全責任を負った。

1年前にポール・トゥ・ウィンを飾ったモンツァで、シャルル・ルクレールは13番手からスタート。早めのタイヤ交換が奏功し、ケビン・マグヌッセンのリタイアによるセーフティカーで6番手まで順位を上げていたルクレールは、リスタート後のパラボリカでコントロールを失ってタイヤバリアに突っ込んだ。

シャルル・ルクレールは無傷で立ち去ることができたが、バリアは大きく損傷。マシンの撤去とバリアの修復のためにレースは赤旗中断となった。

「マシンのコントロールを失ってしまっただけだ」とシャルル・ルクレールはコメント。

「僕のミスだ。正直、非常に難しいレースだったし、セーフティカーは不運だったと思ったけど、逆に幸運だった」

「ハードタイヤにかなり苦労していたけど、プッシュしていた。でも、パラボリカでコントロールを失ってクラッシュしてしまった」

「とにかく僕のミスだ。クラッシュする前にとても運転しづらい状況だったけど、言い訳はできない。僕のミスだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1イタリアGP