シャルル・ルクレール 「ポジションを守れるペースは僕たちにはなかった」 / フェラーリ F1トスカーナGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2020年のF1世界選手権 第9戦 F1トスカーナGPの決勝レースを8位で終えた。

5番グリッドのシャルル・ルクレールはスタートで3番手までポジションアップ。しかし、それ以降ポジションを守ることはできず、ズルズルと後退。8位でレースをフィニッシュした。

「素晴らしいスタートを切って、3番手まで順位を上げることができた」とシャルル・ルクレールはコメント。

「残念ながら、そのポジションを守るためのペースは僕たちにはなく、8位でフィニッシュした。できる限り戦ったけど、今日はそれだけでは不十分だった」

「レースでは多くのことが起こったけど、変わっていないことが1つある。僕たちはパフォーマンスを改善するために懸命に仕事をしていかなければならない」

「レース自体はかなり楽しかった。スタンディングスタートのたびに嬉しかった。僕たちにとってポジションを争うチャンスだったからね」

「特にハードタイヤでマシンは運転がかなり困難だった。レース終盤はソフトで少し良くなってきたけど、全体的に現時点では非常に厳しい。僕たちは頑張らなければならないし、モチベーションを保つ必要がある。このような時期にはそれを忘れないことが非常に重要だ。すぐにもっと良い時期が訪れることを期待している」

関連:F1トスカーナGP 結果:大荒れのレースでハミルトンが今季6勝目。レッドブルF1のアルボンが嬉しい初表彰台3位

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1イタリアGP