カルロス・サインツ 「フェラーリF1移籍を後悔するには流石に早すぎる」
カルロス・サインツは、2021年にフェラーリF1に移籍するという決断を後悔するには“まだ早すぎる”と語る。

現在マクラーレンF1に所属するカルロス・サインツは、2020年シーズンが開幕する前に、今季でチームを離れるセバスチャン・ベッテルの後任としてフェラーリF1に移籍することを決断。

しかし、フェラーリF1は2020年に壊滅的なスタートを切っているように見え、カルロス・サインツが現在所属しているマクラーレンF1の方が競争力があるように思える。さらにF1はコスト削減策の一環として現在マシンを2021年に持ち越すことを決定しており、フェラーリF1の奮闘は2021年まで続く可能性がある。

フェラーリF1に加入するという決断をしたことを考えたかと質問されたカルロス・サインツは「たくさんの人からその質問をされているよ。心配してないか、決断を後悔していないか、などね」とコメント。

「今すぐに答えるられるような質問ではないと感じている。シーズンはまだ始まったばかりだしね」

「僕たち全員が少し辛抱する必要がある。1年ごとにマシンがどれだけ変化するかをはっきり目にしたと思う。昨年から今年までにレーシング・ポイントがどれだけ変化したか、昨年からフェラーリがどれだけ変化したかをはっきりと見てきたと思う」

「F1の良いところは、決して止まることがないことだ。1年以内にそれが変わる可能性があるし、今起こっていることについて心配はしていない」

「365日ですべてが変わる可能性がある。現在、僕がマクラーレンでの時間の焦点を合わせているのはそれが理由だ」

「インタビューで、今年の主な目標はマクラーレンのために最善を尽くすことであり、フェラーリで起こっていることに焦点を当てることではないと100回くらい言ったと思う」

「今シーズンが終わったら、すぐにフェラーリに行って、それに集中し、次のシーズンを今シーズンよりも良くする方法を見ていく時間がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / マクラーレン