F1 カルロス・サインツ ルノーF1 マクラーレン
カルロス・サインツは、ルノーのF1ドライバーとして経験してきた進化が、今シーズン、マクラーレンで助けになると考えている。

レッドブルの契約ドライバーだったカルロス・サインツは、2017年の最終4戦でルノーに移籍、2018年シーズン全体をルノーとともに戦った。

しかし、ダニエル・リカルドの加入によってルノーのF1シートを失ったカルロス・サインツは、今年からマクラーレンに完全移籍。2年契約を結んでいる。

「ルノーへの移籍は僕にとって素晴らしい経験だったし、同じようなリソースを持ったマクラーレンのようなチームにいく助けになるだろう」とカルロス・サインツは語る。

「それが今年経験したことだし、自分自身のことも知ることができた。僕はトロロッソのカルロスしか知らなかったし、トロロッソでの好みしか知らなかったからね。ドライバーとして僕が必要としていたことだ」

「トロロッソで良かったことをルノーで試し、ルノーの良い部分とトロロッソのものとを一緒に育てようと頑張った。ドライバーとしてできることはたくさんある。今年学んだことはマクラーレンに取り入れることができる」

カルロス・サインツは、シーズン序盤にルノーのリアエンドの不安定さに混乱し、いくつかの問題に対処しなければならなかったが、ワークスチームとしての仕事を通してそのプロセスを経験できたのは非常に貴重なことだったと語る。

「そこが僕がルノーを称賛している理由でもある」とカルロス・サインツは語る。

「僕が何かを求めるたびに、彼らはそれを書き留めて、それについて何ができるか検討してくれた。彼らはそのようにして僕を助けてくれた」

「ドライバーとしてチームがここで快適に過ごすことを望んでくれて、彼らができる限りの最善を尽くしてくれるのは特権だ」

「僕たちはチームとして進化したし、彼らは僕が進化する手助けをしてくれた。僕も彼らが進化するのを助けていた。全体が組織的なプロセスだったし、僕たち両方が誇りに思うべきだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | ルノー | マクラーレン