ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンが、シルバーストンで行われるF1イギリスGPへの意気込みを語った。

ジェンソン・バトン (マクラーレン)
「地元の観客の前でのレースは、どんなレーシングドライバーにとっても最大の興奮だ。シルバーストンでのレースはいつも特別な経験だ。週末を通して本当にたくさんの観客が来てくれるし、みんなが振る舞い方を完全にわかっているし、得られるモチベーションやサポートは地球上の他のどこにもない。大好きだよ」

「サンタンデール・イギリスGPは、ちょっとしたモータースポーツの祭典だ。素晴らしい雰囲気だ。パーティーのようだし、キャリアを通してお世話になった人達に会うのはいつも非常に大切なことだ」

「もちろん、今年は新しいトラック構成が大きな未知数だね。紙上では、伝統的なコーナーの大部分が残っているように見えるし、それは重要なことだ。ブリッヂはなくなったけど、まだコスプとストウはある。それは大きいね」

「実際にドライブすることの代わりになるものはないし、新しいサーキットを試して理解するのはいつも最高に楽しいので、金曜の朝が待ち切れないよ」

「去年はチャンピオンシップ首位でシルバーストンに来たけど、まだこのレースでは優勝していない。今年は2位で向かうけど、地元の観客の前で優勝できればそれ以上のことはない。素晴らしいだろうね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / マクラーレン / F1イギリスGP