ジェンソン・バトン F1 マクラーレン M23
ジェンソン・バトンは、今年後半にラグナ・セカで開催されるロレックス・モンテレー・モータースポーツ・リユニオンで1974年にエマーソン・フィッティパルディがタイトルを獲得したマシン『マクラーレン M23』でデモ走行を行う。

F1で17シーズンを戦ったジェンソン・バトンは、今年もマクラーレン・ホンダのリザーブドライバーではあるが、昨年末にF1引退を表明している。

ジェンソン・バトンは、8月17~20日に開催されるイベントでマクラーレン・ホンダのアンバサダーとしてM23のデモ走行を行う。

「輝かしい歴史のあるグランプリカーを運転するのは常に特別なことだ」とジェンソン・バトンはコメント。

「M23は1970年代にモータースポーツ史に最も重要なチャプターを書き加えた。この時代にクルマを運転するのはちょっと変な感覚だ。コックピットはかなり直立しているしs、コックピットから手を伸ばして、フロントホイールに触れそうな感じがする」

「でも、一度運転したら、どれくらい成功したクルマかがすぐにわかる。運転するのは信じられないくらい簡単だし、本当に一貫したバランスと多くの感覚が得られる」

「全ての準備が整って、引き出せるようになれば、ドライバーとしてとても走らせがいがある」

今のところ、ジェンソン・バトンがF1マシンを走らせるのは、昨年のF1アブダビGP以来このイベントが最初となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | マクラーレン