ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンは、来月のF1ハンガリーGPでF1参戦200戦目を迎える。ハンガリーは、バトンが2006年にF1初勝利をあげた思い出の地だ。

F1の公式サイトでは、ジェンソン・バトンの出走回数は198回と記述しており、厳密に言えばF1イギリスGPが200戦目となる。

しかし、F1の典型的な慣習では、実際にレースをスタートしたドライバーしか出走回数にカウントされない。

ジェンソン・バトンは、2003年のF1モナコGPのプラクティスでクラッシュして決勝レースを走っておらず、2005年のF1アメリカGPではミシュラン勢のドライバーは全員フォーメーションラップ後にピットに入った。

「レーススタートしかカウントしていない」とジェンソン・バトンは述べた。

「なので、200戦目は7月31日のハンガリーだ」

ジェンソン・バトンは、ホンダに所属していた2006年8月6日にハンガロリンクでF1初勝利を挙げた。

現役ドライバーでバトンより初勝利に時間がかかったのはヤルノ・トゥルーリ(118戦)、ルーベンス・バリチェロ(123戦)だけ。だが、ニック・ハイドフェルドは179戦に出走してまだ優勝していない。

ジェンソン・バトンよりも多いF1出走記録を持っているのは11名だけで、1位はルーベンス・バリチェロ(310戦)、2位はミハエル・シューマッハ(274戦)となっている。

ジェンソン・バトンは、今シーズン末にはアラン・プロスト(198戦)、ジャン・アレジ(201戦)、ネルソン・ピケ(203戦)を抜き、アンドレア・デ・チェザリス(208戦)と並ぶ歴代7位にランクインすることになる。

6位は、210戦に出走したゲルハルト・ベルガーとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | マクラーレン