F1イギリスGP DRSゾーン
FIAは、今週末のF1イギリスGPではDRSゾーンを1箇所だけにすることを決定した。

F1カナダGPとF1ヨーロッパGPでは、試験的にDRSゾーンが2箇所に設置されており、FIAは今後も複数のDRSゾーンの設置を設置していくとしていた。

以前、FIAのレースディレクターを務めるチャーリー・ホワイティングは、イギリスGPにむけてウェリントン・ストレートと旧ホームストレートに2つ目のDRSゾーンの設置を検討していると述べていた。

だが、FIAはターン3直前の25メートルの位置に検知ゾーンを設置し、ターン4後の45メートルの位置からDRSゾーンがスタートすることを発表した。

また、チャリー・ホワイティングは、今年シルバーストンで新しいピット施設が使用されるため、トラックに留まるよりもピットに入るためにスタートフィニッシュを横切る場合の方が速くなる可能性があるため、ピットレーン入り口を慎重に調査していると述べた。

「新しいピットは最大の違いであり、入り口と出口は新しいチャレンジをもたらす」とチャーリー・ホワイティングは述べた。

「サーキットに留まるよりも、エントリーの方が短いので、ドライバーがピットでこれからの変更からアドバンテージを得ないようにしなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1イギリスGP