バルテリ・ボッタス 「ビッグチームと戦えるのは素晴らしい気分」 / アルファロメオF1チーム スペインGP 決勝
バルテリ・ボッタス(アルファロメオF1チーム)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの決勝を6位で終えた。

7番グリッドからレースをスタートしたバルテリ・ボッタスは、2ストップ戦略を選んだことが裏目に出て終盤はバトルに勝つことができなかったが、それでもトップ3以外の“ベスト・オブ・ザ・レスト”となる6位でレースをフィニッシュした。

「今日はポイントを獲得できたし、ポジティブなことをたくさん持ち帰れる」とバルテリ・ボッタスは語った。

「レース中のペースは非常に強く、前にいるビッグチームと戦うことができたのは素晴らしかった。それは僕たちがどれだけ進歩しているか、そして、僕たちがここにもたらしたアップグレードがどれだけ機能しているかを示している」

「最終的に僕たちはアグレッシブに行くことを選択し、みんなが3ストッパーで行ったときに2ストップで行くという戦略でリスクを冒した。でも、ミディアムコンパンドのタイヤライフが予測していたよりも少し身近方ことで成果を挙げなかった」

「最後は苦労したけど、それでも僕たちは良い結果をもたらすことができた。今はモナコを本当に楽しみにしている。僕たちの車はあそこでかなり良いはずだ」

バルテリ・ボッタス アルファロメオ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1スペインGP