F1:バルテリ・ボッタス 「ラッセルにハミルトンを倒すチャンスはない」
ジョージ・ラッセルにルイス・ハミルトンを倒すチャンスはないと元メルセデスF1のチームメイトであるバルテリ・ボッタスは主張する。

メルセデスF1の育成ドライバーであるジョージ・ラッセル(24歳)は、ウィリアムズF1で3年間のローン移籍を経て、今シーズン、メルセデスのワークスチームでルイス・ハミルトンの新しいチームメイトとなる。

メルセデスF1の上層部から高い評価を受けているジョージ・ラッセルは、2020年に新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてF1サヒールGPに出場し、チームとのデビュー戦で勝利に近づいた。

しかし、ルイス・ハミルトンの元チームメイトであるバルテリ・ボッタスは、7回のF1ワールドチャンピオは同じマシンに乗れば無敵だと語る。

「近い将来、同じマシンで同じマシンでルイスを倒せる人はいないと思う」とバルテリ・ボッタスはSunSportに語った。

「ジョージはメルセデスに数年在籍しているので、うまく適応するだろう。でも、ルイスを倒すことは簡単ではない。僕はそれを経験した。パフォーマンスにおける彼の一貫性をね」

「すべてのドライバーは少しフォームに浮き沈みがあるものだけど、彼のパフォーマンスのベースラインは非常に高い。「彼が悪い日を過ごしたとしても、それほど悪くはない。それが彼のシーズン中の一貫性だ」

「彼のもう1つの重要な強みは、さまざまな条件に適応する能力、セットアップなどの変化に対応するスキルだ。これと彼のレースクラフト。彼のタイヤマネジメントは特別なスキルであり、これらすべてが才能と組み合わされている」

「そして、彼は多くの人が見てないところで仕事をしている。だから、彼を倒すのは難しい」

「彼を倒すことができた日のことを誇りに思う。でも、シーズンを通して彼を倒すには一貫性が十分ではなかった」

メルセデスF1でのバルテリ・ボッタスは、契約は毎年単年契約であり、絶対王者のルイス・ハミルトンがおり、“完璧”なウイングマンと称されていた。

しかし、今年から加入したアルファロメオでは複数年契約を勝ち取り、チームメイトはルーキの周冠宇(22歳)であり、チームのNo.1ドライバーとしての役割を果たす。

「僕がメルセデスに加入したとき、ルイスがそこにいたため、僕が主導権を握ることは困難だった。彼がチームに所属していたおで、僕がその主導的な役割を果たすことは常に困難だった」

「今は違っているし、僕にとっては新たなスタートだ。そしてその主導的な役割を担うことは良いフィーリングだ」

「僕の一部はずっとメルセデスで働くことを恋しく思うだろう。今、僕はそこでの自分の時間を振り返り始めているし、僕たちが過ごしたすべてのポジティブな瞬間を見ようとしている」

「素晴らしい瞬間があったし、ルイスとトトと一緒に仕事をするのは楽しかった。でも、新しい章にも本当に興奮している」

「ウィリアムズで経験を積んで、メルセデスで5年間過ごしたことで、僕はチームの前進を支援できると思う」

「自分の役割に本当に満足している。責任があるし、チームへのコミットメントがあるけど、それはエキサイティングなことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / ルイス・ハミルトン / メルセデス / ジョージ・ラッセル / アルファロメオF1